ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

老化(ろうか)・老衰(ろうすい)

症状

動きが鈍い。やせている。眠る時間が増える。まれに歯ぐきが弱り硬い物が食べられなくなる。

原因

寿命(老化)。

治療

NO DATA

予防

NO DATA

コラム

老化は病気ではありませんが、体中の代謝が悪くなることで、多臓器不全となり死亡します。

寿命が近づいた、超高齢のハムスターはやせてきます。ハムスターは体毛があるので、見た目ではわかりませんが、背中あたりをさわってみると筋肉が落ちてきているのがわかります。ハムスターの場合は、さっきまでエサを食べていたのに、さっきまでトイレに行っていたのに、さっきまで回し車を走っていたと思っていても、眠ったように老衰で死んでいることがあります。人間のように老化で動きが悪くなる前に、死んでしまうことがあるわけです。
1年6ヶ月をすぎると様々な病気にかかりやすくなります。老化のきざしが見えたのなら、リンゴをすったものやハチミツを溶いた、少しカロリーの高いエサを与え、体力が落ちすぎないようにしましょう。しかし、カロリーや塩分が多すぎると心臓に負担がかかったりするので、与えすぎは禁物です。

歳を取ると歯やアゴより、先に胃腸が弱るので、柔らかいエサを与える必要もなく、主食は変えずに副食でバランスを取るようにしましょう。まれに、歯ぐきが弱るハムスターがいるので、その場合はエサを変えてあげてください。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。