ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ケージの選び方・レイアウト1(ケージの種類・金網タイプケージ)

ケージに必要なこと

動物のことを詳しくない人に、飼育環境を想像してもらうと、金網タイプのケージの中に、入り口が正面を向いた巣箱を想像すると思います。心の中に、動物は檻(おり)に閉じこめ、管理する生き物だという考えを、知らず知らずの間に持っているからです。
それに気づいて、飼育環境や接し方を工夫しないと、ハムスターはその環境から逃げだそうとして、脱走したりストレスが溜まって、トラブルの原因になります。

また、ケージというと、ハムスターの部屋や家などのイメージがあると思いますが、実際にはハムスターが住む町です。餌を探しに行ったり、人間に出会ったり、回し車を使って擬似的に長距離を体感したりします。

ケージは「安全」で「快適」な環境をハムスターに提供する最低条件だということを考えて、ケージを選ぶようにしましょう。そのためにも、見た目にだまされず、できるだけ大きなケージを買うことをお薦めします。飼育のトラブルのほとんどが、なわばりに関することなので、ケージを広い物にするだけでもトラブルは減ります。

「ケージ」のことを「ゲージ」という人がいますが、正しくは「ケージ(cage)」です。「ケ」は濁音ではありません。

ケージの種類

ハムスター用のケージと言っても、いろいろな物があり、他の動物用のケージを使ってハムスターを飼育することができます。私もドールハウス型のケージなど、いろいろ試してみましたが、今は爬虫類用のケージに落ち着いています。
また、一般にハムスター用のケージとして売られている物はジャンガリアン用ですが、ジャンガリアンを飼育していてもケージの面積も小さく、ストレス無く飼うには無理があり、トラブルの原因にもなるので、大きめのケージを選びましょう。

ハムスターは小さく、温度を上げる飼育用品は多いので、寒さに弱い動物だと思われがちですが、ハムスターは暑さや高い湿度に弱い動物です。保温グッズを使って、ケージ内の温度を上げることは比較的簡単に行えるので、必要以上に温度が下がりにくく、温度や湿度を下げやすいケージを選ぶようにしましょう。

一般的なハムスター用ケージの、長所、短所です。

金網タイプ

長所
通気性がよい。軽い。安い。ハムスターが飼い主に気づきやすい。
短所
出入り口で手をぶつけ、怪我をしたり餌をこぼす。ケージの掃除がやりにくい。落下事故が起きやすい。冬場は寒い。金網をかじられる。部屋が汚れる。簡単に壊れる。出入り口が小さく世話がしにくい。死角が作れず、ハムスターが落ち着きにくい。光や音を遮蔽できない。

[ 飼い方 > ケージの選び方・レイアウト > 金網タイプのケージ ]

水槽タイプ

長所
脱走されにくい。部屋が汚れない。壊れにくい。大きさの割に安い。掃除が楽。
短所
小さいと湿気がこもりやすい。ハムスターに気づかれにくい。死角が全くなく、上部から世話をしなくてはならないので、ハムスターが飼い主を怖がる。大きいと重い。光を遮蔽できない。

[ 飼い方 > ケージの選び方・レイアウト > 水槽タイプのケージ ]

爬虫類用ケージ

長所
通気性がよい。ハムスターがなつきやすい。脱走されにくい。ケージの外が汚れない。温度を下げやすい。壊れにくい。小バエなどが入ってこない。格好いい。
短所
値段が高い。量販店では売ってない。ちょっと重い。

[ 飼い方 > ケージの選び方・レイアウト > 爬虫類用のケージ ]

金網タイプのケージ

ハムスター用として売られているケージや、スターターセット(初級者用の飼育セット)などは、ほとんどが金網タイプになります。鳥小屋に近いケージや2階建てのケージ、パイプを使って拡張できるケージなど、いろいろな種類がありますが、ハムスターに詳しくない人が思うイメージが、形になったケージばかりです。
金網タイプのケージを勧めるのはペットショップの店員だけで、飼育経験の長い人や獣医は勧めないケージです。それは、初心者が納得しやすい形で、購入しやすい値段、サイズがどれも小さいので、安易に買いやすいという理由があるからです。
もし、金網タイプのケージを勧められたのなら、この人はお金も持ってなさそうだし、知らなさそうだからと思われている可能性もあります。また、金網タイプのケージしか扱っていない店(メーカーも)や、勧めない店は、よく知っている人が利用していない店なので、売っている餌なども良い物がないと思った方が良いです。

根本的にハムスターの生態に合っていない商品ばかりで、トラブルが増えるだけなので使わないようにしましょう。今後も、ハムスターの生態にあったケージは販売されないと思いますが、ハムエッグでは問題を起こしやすいケージとして掲載してます。

まず、ケージが狭いので必要な「なわばり」の広さが、確保できません。さらに、ハムスターが隠れる(安心して過ごせる)ところが少なく、ハムスターが人間を意識しやすいので、悪い循環を作ってしまいます。具体的なトラブルは、ケージを噛んでなわばりの広げようとしたり、もっと安心して過ごせるところを探すために脱走したりします。それらができないと思うと、あっちこっちにオシッコをして自分の臭いを強調しようとしたり、ストレスで無駄に食べたりします。当然、そのことでハゲたり、病気になったりするなどの、原因も作ります。
どれも、初心者にありがちなトラブルで、その理由の1つが、ケージの選択ミスです。

パーツ数が多く分解しやすいので、掃除しやすそうですが、構造が複雑で掃除しにくく、耐久性も低いので、意図しないときに外れて事故が起こったりもします。私はケージの底が外れ、ハムスターごと落としたことが実際あります。
また、金網部分に足を引っかけてケガをしたり、塗装した金網部分を齧って、塗料やサビを食べてしまったり、不正咬合や歯が折れたり、ケージを噛むので余計にケージが壊れやすくなったりと、さらに悪い循環を作ったりします。巣箱や、あっちこっちでオシッコをしてしまう状態になっていると、ケージの中が不潔になり、病気の原因を作ったり、ハムスターの心や病んでしまうと、飼育のうまい人でも簡単に解決できなくなります。金網が骨折や歯が折れる原因になるのは、獣医もよく知っている話です。

我が家のケージ

4つ折りにした新聞紙を敷け、加工しやすそうだったので、気まぐれで買ったケージですが、今は全く使ってません。
給水器を付けるには高さが足りず、給水器の水をケージの外からこっそり交換できるように、金網の一部を切って加工しましたが、音が出るので結局ハムスターに気づかれてしまい、あまり意味がなかったです。ケージの出入り口が小さく、野菜用の皿やトイレを出そうとすると、ケージの出入り口の金網で、手をひっかけて手をケガしたり、トイレをひっくり返したりと、悪い思い出ばかり残ってます。

金網ケージ上面
ゴールデンハムスターには小さすぎる。

くりぬいたところ
加工が簡単にできる点が、いいところだが。

新聞がちょうどいい
床材の下に新聞紙を敷くのは、我が家の基本。