ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

季節ごとの世話(春・夏・秋・冬)

春に注意すること

人間やハムスターだけでなく、いろいろな生き物が活発になる季節です。動物に良い季節ということは、細菌にも良い季節なので、気を抜かないようにしましょう。
特に、冬にヒーターを使っている場合は、急に取り外すと病気になりやすくなるので、注意が必要です。温度調整ができる場合は、少しずつ設定温度を変えて、温度調整ができない場合は、ヒーターと巣箱の設置面積を変えたり、間に物を挟むなどして調節しましょう。

ミルワームを飼育している場合は、サナギになりやすい時期で、ミルワームのケージの中にサナギが大量に増えるということになりがちです。しかし春は、繁殖、育児、成長に適しているだけでなく、ハムスターは冬毛から夏毛に変わる時期で、タンパク質が必要な時期なので、増えたミルワームやサナギもエサとして大活躍する季節です。自然って、良くできていますね。

夏に注意すること

夏と言えば暑さ対処ですが、夏と言えば昆虫の時期でもあります。
ハムスターは主に昆虫や野草から水分を摂取する動物です。野生では昆虫が多くなり、飼育環境でも、いつもより少し多めミルワームを欲しがるので、いつもより多めに動物性タンパク質や、新鮮な野菜を与える必要があります。
水も腐りやすくなったり、オシッコのニオイが気になる時期でもあるので、世話は手を抜かないようにしっかりやりましょう。

問題の暑さ対策ですが、日本の夏は温度も湿度も高く、日本の夏は人間以上にハムスターは過ごしにくい季節です。一番の解決策は、除湿機能付きのエアコンで温度と湿度を調節することですが、省エネエアコンは人間の体感温度を下げるように作られているので、少し寒いくらいがハムスターには丁度くらいになります。梅雨時期は特に湿度に気をつけましょう。
保冷剤や、水を入れ凍らしたペットボトルなどを利用して、温度を下げる方法もありますが、湿度が上がったりケージの中が濡れたりするので、エアコンが使えるように飼育環境を工夫しましょう。また、季節によってケージの置き場所を移動させるのは、巣に固執する動物であるハムスターには負担になり、冬の温度管理の方がやりやすいので、夏に適切に温度管理ができる場所にケージを置くようにしましょう。
締め切った夏の部屋は40度以上になることもあり、30度を過ぎるとハムスターは熱中症になり、ハムスターは汗をかけないので、温度管理は人間の赤ちゃんより気をつかう必要があります。

秋に注意すること

食欲の秋です。冬に備え毛が生え替わったり、脂肪分を蓄えて太ります。10%〜20%くらい体重が増えますが、この時期に太ったと思いダイエットさせないようにしてください。

この時期の自然の食物は豊富で、栄養価が高い物が多いのですが、飼われているハムスターは、自分で食べ物を選ぶことができないので、飼い主がコントロールする必要があります。ミックスフードを与えている場合は、ハムスターが自分でエサの量をコントロールし、少し多めにエサを与えるだけで太ってゆきますが、ペレットを与えている場合は、脂肪分の多いヒマワリの種などを多めに与える必要があります。

昼と夜の温度差が激しくなる季節ですが、ヒーターを入れるには早いので、床材や新聞紙を使って自分で温度調整をしてもらい、巣箱を夏用冬用と使い分けているのなら、両方設置してあげてください。自分で快適な方を選んで使ってくれます。

冬に注意すること

温度が5℃以下になると、疑似冬眠をして死んでしまうことがあるので、寒くなりすぎないようにしましょう。野生のハムスターの巣穴は、冬でも15度以上あるので、巣箱(寝床)をそれ以下の温度にしないようにしましょう。しかし、温度を上げすぎると、巣箱と巣箱の外の温度差が大きくなりすぎて、体調を崩すこともあるので、高くても25度以下にしましょう。

小動物用に売ってあるヒーターは、温度調節器のが付いていなかったり、付いていても精度が悪かったりします。ヒーターを使っているからといって過信せずに、温度を調節する必要があります。ヒーターを使う場合は、ケージ全体を暖めるのではなく、巣箱の一部を暖めて、野生での寝床だけを暖めている感じにして、冬らしくする必要があります。
また、ハムスターが自分で寝床を作って温度調整できるように、床材の量を増やしたり新聞紙を入れたりすることも大事ですが、綿や布などの繊維は事故の元なので使わないようにしましょう。散歩の最中に、カーテンをちぎったり、ティッシュペーパーを持って帰ることもあるので、注意してください。

段ボール箱などを使って、ケージに囲いをして、温度を下げにくくする方法がありますが、自然の光を遮断してしまい、ハムスターの自律神経がおかしくなることがあったり、外すのを忘れると昼間でも温度が上がらないので、できるだけその方法は使わないようにしましょう。