ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターを飼う前に(心構え・うつる病気)

ペットを飼うということ

「ペットを飼う」と聞けば、子供や女性のイメージがあると思います。しかし、「命のマネジメント」と聞くと、意味も分からないかもしれません。

正しい知識や、判断力がなくても、わずかなお金を支払うだけで、命の操作ができてしまうことが、ペットの飼育です。独裁者でも難しいのが命を操ることだと言われていますが、相手がペットなら子供でもできてしまうのです。
ペット業者は、「かわいい」や「いやされる」といった、人にとって都合の良い言葉(本来自分より下の相手に使ったりする言葉など)を使って、効率よく命を消費させるための、死の商人的な存在でもあり、ペット業の人たちは必ずしもペットの味方ではありません。
命を預かる人間として、初心者だから、子供だからという言い訳もできませんし、法律によって犯罪者になる可能性もあります。さらに、噛まれてケガをしたり、お金や時間を浪費させられたり、当然生き物なのでいつか死にますから、自分にとってマイナスになることも多いのです。

そのような状況の中から、見た目も考え方もコミュニケーション方法も違う生き物と、共存共生する方法を探したりするだけでなく、自分とってデメリットがある判断をする状況がたくさんあります。
そんなこともあり、判断力の甘い人、社会人経験の少ない人、行動力のない人、心が病んでいる人は、ペットを飼うのには不向きです。それが、擬人化しやすく表情の分かりにくい、ハムスターのような小さな動物だと、なおさら難しいと思います。
ペットを飼わないという選択肢を、何より優先に考えてください。

ハムスターを迎える心構え

以下の1つでも守れないのなら、ハムスターを飼うことができません。
ハムスターや他人の健康や安全に問題が出るようなら、違法行為となり、警察にお世話になる場合もあります。

  • ハムスターが一日中平穏に眠れる静かな場所を提供できる。
  • 夜に活発に行動するので、ハムスターが出す騒音を我慢できる。
  • 清潔な飼育環境を保つことができる。
  • 新鮮な食べ物を、毎日準備できる。
  • 必要以上にハムスターに、接しないことを約束できる。
  • 注意を払って、毎日観察することができる。
  • 5年近く生きることもあるので、それまでの期間、あなたが安定した生活ができる保証がある。(あなたが、旅行に行かない、入院をしない、転職や引っ越しをしないなど。)
  • もしも、あなたが不在になったときに、代わりに世話をしてくれる人がいる。
  • 散歩が必要になったときには、毎日決まった時間に散歩をさせることができる。
  • 散歩をさせる場合、危険なモノを部屋から排除できる。
  • ハムスターは運動量が多く、大きなケージが必要となるので、そのケージを買う金銭的な余裕がある。
  • 他のペットを飼っている場合、ハムスターの安全を保証できる。
  • あなたが、アレルギーやぜんそくを持っていないと保証できる。
  • 同居している家族やペットに、アレルギーやぜんそくを持っている人がいないと保証できる。
  • ハムスターが突然病気になったときに、仕事や学校を休んで付き添うことができる。または、代わりに付き添える人がいる。
  • 病院代金として、数万円が必要になった場合は、そのお金を直ぐに払うことができる。
  • トイレのしつけができない場合や、ハムスターが噛みついても、寛大な気持ちでいられる。

アナフィラキシーショック

アナフィラキシーショックとは、ジンマシン、呼吸困難、血圧低下、意識障害を起こし、ひどい場合は亡くなってしまう急性アレルギー反応です。
アナフィラキシーは、ハチに刺されたり、食べ物や薬品が原因の場合が多く、ネズミは人間に身近な動物なので、ハムスターが原因になる可能性はかなり低いです。またハムスターは、アレルギーの原因になりにくい動物なのですが、ハムスターに噛まれて亡くなった人もいるので、アレルギーやぜんそくを持っている人や家族がいる場合は、ペットを飼わないようにしましょう。そうしないと、本人だけでなく、みんなが迷惑します。

ハムスターからうつる病気

人間と脊椎動物(せきついどうぶつ)の両方に感染する病気を、人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)といいます。
ハムスターは人間と同じほ乳類なので、細菌やウイルス原因の病気は全て、人間とハムスターの両方にうつると思いましょう。
ここが大事なのですが、細菌もウイルスも生き物なので、何もないところから細菌やウイルスが生まれることもなく、誰かが持ってこないと細菌やウイルスが原因の病気にはならないということです。さらに、ハムスターは家にいる動物なので、自分から細菌やウイルスを持ち込むことはなく、人間がハムスターに病気をうつしてしまうことの方が可能性としては高いのです。人間がうつしてしまいそうな病気は、インフルエンザや白癬菌(水虫)です。また、ハムスターの方が人間より体が弱いので、飼い主は健康でもハムスターだけ病気になる可能性もあります。
ハムスターをさわる前には、手を洗うようにしましょう。そうすることで、ハムスターや自分の病気が防げるだけでなく、噛まれたりすることも減ります。