ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの種類(ゴールデン・ジャンガリアン)

一言でハムスターと言っても、様々な種類のハムスターがいます。ハムスターは犬とは違い、それぞれが違う学名を持つ別種です。犬の学名は「Canis familiaris」といい、200種類くらいいるすべての犬が同一種なのです。すべてが同一種の犬でも、種類によってさまざまな性格、体質、飼い方があります。当然別種であるハムスターは、すべての種類を同じように飼うことができません。
また、キンクマハムスターやプディングハムスターなど、「毛色+ハムスター」と書き、種類が特定できない表記をしているペットショップがあります。しかし、このページで紹介しているハムスターに分類できるので、どの種類のハムスターかが分からない場合は、ペットショップの人に必ず確認してください。もし、答えられない店員がいた場合は、そのペットショップではハムスターを買わないようにしましょう。

頭胴長、体重は、「宮崎医科大学附属動物実験施設で飼育中のハムスター類」を引用しています(現在はページがありません)。資料によってバラツキがあるうえ、ペットは良い意味でも悪い意味でも品種改良され、今後も数値に変動があるので、表の数値より自分の飼っているハムスターが健康なときの体重などを、標準として考えられるように、正しい飼い方をしましょう。

妊娠期間、産児数は、[ 飼い方 > ハムスターの繁殖 > 産児数 ] で確認してください。

ゴールデンハムスター

「カメラ目線」な、ゴールデンハムスター(ノーマル・ミックス)「のたれ寝」な、ゴールデンハムスター(ノーマル・ミックス)「撮られてるな」な、ゴールデンハムスター(ノーマル・ミックス)「これは何だ」な、ゴールデンハムスター(その他)「えさくれよー」な、ゴールデンハムスター(毛長)「じっ」な、ゴールデンハムスター(その他)

[ ゴールデンの写真 ] は [ 写真館 ] で見ることができます。

標準和名 ゴールデンハムスター
学名 Mesocricetus auratus
英名 Golden hamster、Syrian hamster
別名 シリアンハムスター
原産地 小アジア〜シリア、レバノン、イスラエル
頭胴長 オス:15〜17cm、メス:15.5〜18cm
尾長 オス:2.1〜2.7cm、メス:2.3〜2.8cm
体重 オス:140~195グラム、メス:140~230グラム
性成熟 オス:7〜8週、メス:6〜7週
離乳 3週間くらい
集団飼育 ダメダメ
特にオスは、なわばり意識が強いので、高い確率でケンカになります。滅多なことでは殺し合いにはならないですが、ケガをしたり、ケガがきっかけで死んでしまうこともあります。また、飼い主がケンカを止めるときに、飼い主が噛まれることもあります。
特徴 警戒心が強く(臆病)で、どんくさいです。
飼った感想 ゴールデンハムスターは、普段は警戒しながら移動するので、回し車に乗っていても足が遅いですが、本気で走るとビックリするくらい速いです。あまり攻撃的ではなく、体が大きいので体調のチェックもしやすいです。
ゴールデンハムスターはウェットテイルの原因になる細菌を持っているので、下痢をして死んでしまうことがあります。食事やストレスなどに気をつけてください。警戒心が強いので妊娠したら、かまわないようにしましょう。
ハムスターの中では一番頭が良く、いちずな性格なので、飼い主に都合の悪いことでも、一度覚えてしまうとなかなか忘れてくれません。ケージ越しに餌を与えてしまったために、ケージを噛むようになったり、ケージの開くところは分かるけれど、開け方がわからなくて、ケージを噛むようになったりします。
脱走時 ケージの外に一番出たがるハムスターです。力も強いので、自分でケージを開けて出て行くことがあるので注意をしてください。しかし脱走後は、のんきに飼い主の目の前を歩いていたり、普段は足が遅いので簡単に捕まえることができます。

詳しくは [ ゴールデンの飼い方 ] を参考にしてください。

ジャンガリアンハムスター

「もうないの」な、ジャンガリアンハムスター(プティング)「そっと手を出し鼻を出し」な、ジャンガリアンハムスター(プティング)「おめめビーム」な、ジャンガリアンハムスター(サファイア)「近すぎるお見合い」な、ジャンガリアンハムスター(パール)「だらだらなボク」な、ジャンガリアンハムスター(ノーマル)「もう少し寝かせて」な、ジャンガリアンハムスター(ノーマル)

[ ジャンガリアンの写真 ] は [ 写真館 ] で見ることができます。

標準和名 ヒメキヌゲネズミ(姫絹毛鼠)
学名 Phodopus sungorus
英名 Dzungarian hamster
別名 ジャンガリアンハムスター、ロシアンハムスター、ウインターホワイト
原産地 カザフスタン、シベリア南部
頭胴長 オス:9.8〜10.5cm、メス:9.5〜10.5cm
尾長 オス:1.3〜1.4cm、メス:1.2〜1.4cm
体重 オス:28〜44グラム、メス:26〜38グラム
性成熟 60日くらい
離乳 3週間くらい
集団飼育 できなくもない
相性がよければ、一緒に飼うことができます。男の子同士でも、子供のころから一緒に暮らしていればケンカはしません。ゴールデンハムスターより社会性があり、オスメスの夫婦で飼うと長生きします。そのときメスはオスより若い方がよいです。
特徴 おっとりとした性格が多いですが、性格の個体差が激しいです。
飼った感想 ジャンガリアンハムスターは性格の個体差が激しいため、どの子も同じように扱えないところが、飼っていて一番楽しい種類です。飼い方が悪いと、毎日噛まれることもありますが、飼い方さえしっかりしていれば、ちゃんとなついてくれます。
脱走時 飼育環境が良いと、ケージから出たがらず、ケージの外を怖がるタイプのジャンガリアンもいます。
部屋の中に別荘を造っていないジャンガリアンは、おなかが減ると自分でケージに帰ってくることが多いです。好奇心が旺盛なジャンガリアンの場合は、名前を呼べば帰ってくるときもあるし、音を立てると確認のためによってくるので、そのときに捕まえれば簡単にケージに戻せます。
なぜかジャンガリアンは、すね毛マニアが多いので、飼い主が寝ている間にすね毛を抜きに来ることもあります。すね毛の多い人は巣材にされないよう注意してください。飼い主の毛並みにもよると思うのですが、私は5回すね毛を抜かれました。他の動物の体毛を、寝床にする習性があるのだと思います。

詳しくは [ ジャンガリアンの飼い方 ] を参考にしてください。

キャンベルハムスター

「しっかり立ってます」な、キャンベルハムスター(ダルメシアン)「キャンベラのオレオ」な、キャンベルハムスター(ダルメシアン)「そこそこ~~~!」な、キャンベルハムスター(ノーマル)「ちょこん」な、キャンベルハムスター(ブラック)「何があるかな?」な、キャンベルハムスター(ブラック)「よーいっちょ」な、キャンベルハムスター(ノーマル)

[ キャンベルの写真 ] は [ 写真館 ] で見ることができます。

標準和名 キャンベルキヌゲネズミ(キャンベル絹毛鼠)
学名 Phodopus campbelli
英名 Campbells Dwarf hamster
別名 シベリアンハムスター、キャンベリーハムスター
原産地 ロシア(バイカル湖沿岸東部)、モンゴル、中国黒竜江省、河北省、内モンゴル自治区
頭胴長 オス:8.1〜9.4cm、メス:8.1〜8.8cm
尾長 オス:1.1〜1.5cm、メス:1.1〜1.3cm
体重 オス:26〜40グラム、メス:23〜35グラム
性成熟 60日くらい
離乳 3週間くらい
集団飼育 できなくもない
特徴 ジャンガリアンに比べて気が荒いという話もありますが、実際にはそうでもないようです。カラーバリエーションが多いのも、キャンベルの特徴です。大きさやノーマル色は、ジャンガリアンとよく似ていますが、よく見ると顔つきなどに差があり、見慣れた人なら区別を付けることができます。
飼った感想 どんな生き物もノーマルカラーが好きな私は、一生キャンベルハムスターを飼うことがないような気がします。
脱走時 飼ったことないです。