ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの選び方(値段・ショップ)

幸いにもハムスターは代表的なペットとしての地位を得たので、ほとんどのペットショップに置いていますし、気に入ったハムスターを選ぶ事もできます。しかし、何店舗か探していると値段差があることに気づくと思います。値段が付いていると、商品と意識してしまうのは仕方がないと思いますが、ハムスターも生き物ですし、オーダーメイドの工業製品ではありませんので、完璧なハムスターもいません。
またハムスターを買いに行く前には、ケージなどの飼育セットを、必ずハムスターより前に揃えておきましょう。

飼育用品などは[ 飼うのに必要なお金 ]に、まとめてあります。

ハムスターの値段

私の家の近くにもハムスターを買える店が数店あるのですが、高い店ではジャンガリアンハムスターが1800円、安い店では400円ほどで売られています。どうして値段の差があるのか分析してみました。

高いハムスター

デパートのペットショップで売られているハムスターは、全ての種類が高い値段で売られています。なぜ高いのか答えは簡単です。家賃が高いので店の維持費がかかったり、ハムスターをよく見せるためにディスプレイに凝ったり、なにより親子連れが衝動買いで買ってくれるからです。何も知らない人なら、ハムスターと一緒に高そうなエサも買って帰ってくれるからでしょう。

普通のハムスター

ペット専門店で売られているハムスターは、一般的な価格で売られていることが多いです。さすがにペットショップだけあって、普段与えているエサにも気づかっています。実験動物用のペレットと、野菜、栄養補助のためのゼリーを与えていたりします。日によってはエサが違っていたりすることもあります。

安いハムスター

ホームセンターで売られているハムスターは、安く売られているときがあります。新聞の折り込み広告にハムスターが載っている場合は、特に安いです。ジャンガリアンハムスターが250円で売られているときもありました。ハムスターはコンスタントに売れるのが分かっているので、薄利多売をしているのでしょう。ディスプレイにもあまりこだわっていないようで、ケージの中で山盛りに重なって寝ている、ハムスターの軍団をよく見かけます。しかし250円で売られているハムスターの、仕入れ値が気になりますよね。

激安ハムスター

訳あり品として、別のケージに入れられて売られているハムスターは、ビックリするほど安いことがあります。どのような訳があるのでしょうか?
大きくなりすぎた、気が弱い、けんかっ早い、指が一本足りない、ハゲがある、耳が切れているなど、いろいろあると思います。理由は書いていないことが多いので、店の人に聞くようにしましょう。別のケージに入れられている場合、店の人には内緒でこっそりさわったりできます。私は指をハムスターの顔に近づけ、その反応で決めることが多いです。

セールなハムスター

店が新しくオープンしたので、売上を考えずにハムスターを売っている場合があります。
生後1カ月ほどのジャンガリアンが、34円ってのもありました。消費税入れても35円です。34円って基準が分からないのですがね。ほかには、生後1カ月ほどのジャンガリアンが、2000円以上買い物をするとタダってのもありました。エサなどを買いだめすると、2000円なんて直ぐに超えてしまうので、2匹もらってきたこともあります。
また、夏はペットが売れないようで、春に生まれた生後半年以内のハムスターが、大きくなって割り引き、セールでさらに割り引きで、ビックリするくらい安く売られていることがあります。売れ残ったハムスターは、気が強い場合が多いので、飼育歴の長い人にはお薦めです。

その他の値段の理由

傷物になってしまったハムスター以外にも、激安の理由があったりします。病気になったことのあるハムスター、出産したことのあるハムスター、店で生まれたハムスター、年寄りのハムスターなどの理由です。

病気になったことのあるハムスター

よほど悪徳ペットショップでない限り、売っていることはないと思いますが、もしそうだと分かっても絶対に買わないようにしましょう。確かにかわいそうなのですが、飼い主に経済的負担がかかるだけではなく、売れてしまうとペットショップが、また同じように売りかねません。

出産したことのあるハムスター

繁殖目的で飼う場合はいいかもしれませんが、基本的には飼ってはダメでしょう。出産が悪いことではなく、繁殖時期を迎えたハムスターを、オスメス同じケージに入れて販売していた店が問題なのです。店員がオスメスの区別ができないのか、ハムスターの生態が分かっていないのか、繁殖させて数を増やして売ってやろうと考えていたのか理由は分かりませんが、出産後のメスは確実に弱っています。そんな店はまともじゃないので、関わらないようにしましょう。

店で生まれたハムスター

普通は店では繁殖させません。ペットショップのようなハムスターにとってストレスのある環境では、子ハムがまともに育ちにくいからです。偶然に子ハムが産まれてから1ヶ月以上経ったとしても、母ハムの母乳が正常に出ていたのかは分かりませんから、病気になりやすい子ハムかもしれません。

年寄りのハムスター

狭く不衛生なケージに入れられて、長く過ごしているハムスターなら、病気を持っている可能性もあります。信頼できるペットショップなら単に年寄りのハムスターなので、飼う本人が理解して飼えばいいだけです。

ペットショップの選び方

昔と違って、目やにや鼻水が出ているなど、見た目で分かる程度の不健康なハムスターを売っているペットショップを探す方が難しいので、良いペットショップを選んで、健康なハムスターに巡り会える可能性を上げましょう。

1つ目は、売っている餌や飼育用品から選ぶ方法で、ペットショップがどんな業者と取引しているのかが分かります。ハムスターなどの小動物の場合は、犬や猫に比べ陳列している商品が少ないこともあり、ペットショップの営業方針が分かりやすいです。
量販店向けの悪い商品を扱っている業者は、扱っている生体の管理も悪く、弱いペットが多いということを、ペット業者から聞いたことがあり、ハムスターを長く飼っていると経験します。取引のあるブリーダーの飼育環境や与える餌、繁殖方法などが悪いのが原因です。
また、ペットショップも、良い商品や高い商品を売るほどノウハウがないので、かわいらしいパッケージや、無意味な効果がある商品などが多いです。ハムエッグにベテランがお薦めする飼育用品を紹介したページがあるので、ペットショップと比較してみてください。酷いと、1つも置いていないペットショップがあります。
[ 用品検索 > エサ(食べ物) > ハムスター用ペレット ]
[ 用品検索 > 飼育用品 > 敷材・床材・巣材 ]
[ 用品検索 > ケージ > 爬虫類用のケージ ]

2つ目は、ペットショップでの飼育環境を見る方法ですが、初心者にはかなり難しいと思います。ペレットを見てどの商品か分かるくらいの知識が必要ですし、日によって与えている餌や飼育している店員が違ったり、与えている餌やストレスでハムスターの毛並みも違ったりします。
中には、売っている商品と、飼育に利用している餌やウッドチップが違うペットショップもあります。初心者だと、すぐに餌を食べてくれないとか、トイレを覚えてくれないなどのトラブルの原因になったりするので注意しましょう。

3つ目は、ペットショップの店員で判断する方法です。
まず、ハムスターの手術ができる病院を紹介できるどうかです。飼い主からの相談の多いペットショップなら、壁に動物病院の地図や電話番号を書いた紙が貼ってあったりします。ペットショップで体調を崩すペットが必ずいるので、まともなペットショップなら紹介できるはずです。
さらに、生体を扱っている取引業者の数で判断できます。多くの業者と取引があるということは、ハムスターの販売実績が多いということなので、ペットショップの店員の飼育経験も期待できます。私の場合は、「ロボロフスキーのメスをまとめて欲しい」とか、「チャイニーズのオスが欲しい」とか聞くことがあり、業者の在庫リストや電話で、すぐに確認できるかどうかを基準に判断しています。
他には、ペットショップの人でもハムスターをさわる場合、手袋をする人がいます。ハムスターの扱いに、なれていない証拠です。ハムスターのことをよく知っている店員なら、そもそも噛まれませんし、噛まれても、ウンチやオシッコをされても、笑ってガマンできるはずです。