ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

消化管内寄生虫(しょうかかんないきせいちゅう)・内部寄生虫症(ないぶきせいちゅう)

症状

下痢。元気喪失。体重減少。腸閉塞

原因

寄生虫。環境変化のストレス。母親と離すのが早すぎた。栄養失調。過密飼育。

治療

虫下し。整腸剤など。

予防

原因になることをしない、させない。ストレスの溜まる生活をさせない。

コラム

ハムスターの体内にいる寄生虫が、ストレスによってバランスを崩し増殖します。
小型条虫症はドワーフハムスターに多く、ストレスなどで食糞(盲腸糞を食べるのではなく、自分のウンチを食べる)をする場合は、自家感染を予防できない。
他には、トリコモナス・ジアルジア症、蟯虫症(ぎょうちゅう)などがあります。当然、ハムスターから人間にうつるものもあり、人間からハムスターへうつるものもあります。特に、珍しい色のハムスターを飼う場合は、日本で発生のない寄生虫も海外から入っていることがあるので、発病しなくても検便検査はうけてください。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。