ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

下痢(げり)

症状

おしり周辺がぬれている。ウンチが水っぽく、形がくずれている。

原因

食あたり。ストレス。細菌感染。カビ。ウィルス。寄生虫。脂肪の高いエサ。おやつの与えすぎ。野菜の与えすぎ。

治療

抗生剤で治療する。脂溶性の場合は食事の改善。下痢を放置すると脱水症状を起こし死ぬこともあるので、下痢を見つけたら直ぐ病院に連れて行こう。

予防

水分の多い野菜や果物は控えめにする。ストレスのない生活環境を整える。

コラム

一度下痢になり、腸内微生物のバランスが崩れると、普段は病原性の低い、トリコモナス、ジアルニア、カンジタ(カビ)などが増加をして、別の病気になることもあります。
直接下痢だと確認しなくても、いつと違う行動をしたなら疑ってみましょう。
・背中を丸めることが多い。
・攻撃的なる。
・急激な脱水症状(耳がくしゃくしゃ、目がショボショボ、体がガリガリ)。
・衰弱している(弱っている)。
また、直ぐに死亡しなくても、腸閉塞(ちょうへいそく)、腸重積(ちょうじゅうせき)、腹膜炎(ふくまくえん)、直腸脱(ちょくちょうだつ)などの症状が現れることもあります。突然症状が現れ、死亡率の高い病気なので、油断はしないでください。
一度下痢をしてしまうと、腸内細菌のバランスがおかしくなり、下痢が治っても死んでしまうことがあります。
予防としてヨーグルトなどを与えている人がいますが、正常なハムスターは腸内細菌のバランスも正常なので、与える事で腸内細菌のバランスが崩れる可能性があります。

なぜ下痢をしているのかをよく考え対処をしましょう。水分の取りすぎやお腹を冷やして下痢をしている場合には、水分を与えるとよけいに下痢がひどくなります。逆に食あたりなどで、下痢をしている場合は、体内の水分が不足するので、水分を補給しなくてはなりません。下痢をしたことのない飼い主はいないと思うので、症状とタイミングを見極めて対応してください。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。