ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ゴールデンハムスターの飼い方(特徴)

注意:種による差を書き分けているため、他のコラムと矛盾している内容があります。

「満腹」な、ゴールデンハムスター(ノーマル・ミックス)「仲良し」な、ゴールデンハムスター(アプリコット)「ふあふあ」な、ゴールデンハムスター(毛長)「むにゃむにゃ」な、ゴールデンハムスター(ノーマル・ミックス)「やっと寝る場所決まったぁ」な、ゴールデンハムスター(ノーマル・ミックス)「キンクマの微笑み」な、ゴールデンハムスター(キンクマ)

[ ゴールデンの写真 ] は [ 写真館 ] で見ることができます。

分類

















ゴールデンハムスター属 ゴールデンハムスター
ヒメキヌゲネズミ属 ヒメキヌゲネズミ
キャンベルキヌゲネズミ
ロボロフスキーキヌゲネズミ
キヌゲネズミ属 モンゴルキヌゲネズミ

海外ではシリアンハムスター(Syrian Hamster)や、シリアンゴールデンハムスター(Syrian Golden Hamster)と呼ばれます。
野生色は、体の上半分が茶色く、ほお袋あたりに黒いライン、おなかが白いのが特徴です。金色には見えませんが、その容姿からゴールデンハムスターと、名前が付いたのだと思います。
また、マンガやアニメなどでよくみる、頭が茶色く白い体に茶色いブチがあるのは、ノーマルとして売られていますが、本来なら野生色がノーマルで、ノーマルと呼ばれているのはミックスという方が正しいです。

特徴

初心者には一番オススメの、最もハムスターらしいハムスターです。
なつきやすく、情報も多く、扱いやすい大きさで、人間を噛むことがほとんどありません。また、ハムスターを診察できる病院は、ゴールデンハムスターのことなので、病院探しも比較的簡単です。他のハムスターに比べて体が大きくおとなしいので、診察が行いやすいというメリットもあります。
日本ではジャンガリアンハムスターが一番人気なのもあり、ゴールデンハムスターに合った飼育セットが、売っていないのが残念なところです。しかし、自分で調べて考えて、飼育用品を揃えていくという方法が、エキゾチックアニマルといわている、ハムスターの飼育の醍醐味にもなります。個体の値段は、他のハムスターと比べて少し値段が高めですが、飼育する喜びを最も感じられるハムスターでもあり、飼育の上級者が一番にオススメするハムスターでもあります。
また、日本で発売されている飼育書に書かれているハムスターの飼い方は、ほとんどゴールデンハムスターについて書かれています。

長所

おとなしい

大きいので、体調の確認もしやすいです。

なつきやすい

あまり緊張感がないうえ、頭の良い生き物です。

好き嫌いが少ない

与えたエサは、ほとんど受け取ってくれます。しかし、食べないときもあります。

繁殖が比較的簡単

比較的簡単に繁殖できますが、たくさん子供を産むうえ、集団飼育ができない種類のハムスターなので、子供が産まれると飼育が困難になります。

正確な情報が多い

飼育書やホームページなどの情報は、ほとんどがゴールデンハムスターのことを書いています。

病院で診てもらいやすい

ハムスターを診ることができる病院は、ゴールデンハムスターなら必ず診てくれます。逆にハムスターを診れると書いてある病院でも、ロボロフスキーハムスターのような小さなハムスターだと断られる可能性があります。

飼い主を噛まない

よほどのことがないと、ゴールデンハムスターが人を噛むことはありません。人間が怖い存在だということを、知っているからです。ゴールデンハムスターに噛まれるような飼い方をしている人は、ジャンガリアンハムスターだと確実に噛まれてしまいます。

確実にトイレを覚える

買ってきたその日に、トイレでオシッコをしてくれます。飼い主の思い通りの場所に、オシッコをしなくても場所は同じ場所にするので、その場所にトイレを移動させればOKです。

ケージを汚さない

トイレを覚えるし、ケージの中を散らかしたりしません。広いケージは必要になりますが、掃除の回数が他のハムスターより少なくなるので、巣材をあまり使わなくてすみます。

短所

よく食べる

体が大きいので他のハムスターに比べて、よく食べます。体の小さいドワーフハムスターだと、体が小さいので、野菜などの腐るエサは捨てる所が増えてしまいますが、ゴールデンハムスターは体が適度に大きいので、エサのロス分が少なく、効率的にエサを消費してくれます。
エサを腐らないように効率よく与えていると、ペレット代以外は他のハムスターと同じくらいに抑えることができます。

野菜が多く必要

他のハムスターに比べて、水分を多く必要としますが、ハムスターなので他の動物に比べると、かなり少ない量です。季節によって違いますが、キャベツの大きい葉の部分を、1日に1〜2枚くらい食べます。

集団飼育ができない

なわばり意識が高く、必ず単独飼育する必要があります。
同じ親から生まれたメス同士を、小さいときから一緒に飼えばケンカになることはありませんが、過密飼育が原因で病気になったりするだけでなく、ストレスが溜まり長生きできません。
オス同士なら、親兄弟関係なく確実にケンカになります。
また、ケージを分けて飼う場合でも、他のゴールデンのニオイが気になって気が荒くなったりすることがあります。

大きな飼育用品が必要

ほとんどに飼育用品は、ジャンガリアンハムスターに作られているために、ゴールデンハムスターの体のサイズに合わせるのには、他の動物の飼育用品を使わなくてはなりません。特にケージが狭いと、いろいろとトラブルになります。しかし、大きな水槽などを使って飼育する場合は、水槽が壊れにくく長持ちするので、結果的に安くつくこともあります。