ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

疑似冬眠(ぎじとうみん)・低体温症(ていたいおんしょう)

症状

眠ったまま起きない。呼吸、心拍、体温が極端に低下する。

原因

気温の低下。気温の急激な低下。部屋が暗すぎる。

治療

暖かい部屋に移したり、人の手の暖かさを利用し、時間をかけてゆっくりハムスターの体温を上げる。

予防

快適な飼育環境。

コラム

一般的に、ゴールデンハムスターは気温10℃以下で疑似冬眠(シマリス型冬眠)、ジャンガリアンハムスターは気温5℃以下で日内休眠になります。日照時間が2時間以内になると、疑似冬眠してしまうという話もあります。
気温、栄養、日照、ストレス(自律神経の不調)などの影響があり、単に気温が下がると冬眠する訳ではありません。単に冬眠を防ぎたいのなら、20℃近くにケージの温度を保てばイイだけですが、殺さないためにハムスターを飼っているわけではないと思います。ハムスターは人間より寒い地域に住み、その寒さから身を守る方法を知っているので、飼い主が我慢できないくらい寒い状況にしなければ、疑似冬眠をすることはありません。
疑似冬眠をするとハムスターは体調を崩してしまう可能性が高いので、目覚めた場合は、砂糖を溶かしたぬるま湯などを飲ませ、体力の回復をうながしましょう。

球体がもっとも表面積と体積の割合を一番小さくできる形で、寒くなると丸まり、暑くなるとビロ〜ンと広がります。疑似冬眠をする場合、表面積と体積の割合を変えるために、体を丸くして消費エネルギーを最小限にします。ゴールデンハムスターの疑似冬眠の場合、エサも食べるために、最長でも6〜7日で目を覚まします。また、死んでいるわけではないので、脈拍は1分に6回ほど、呼吸は1分に2回ほどあり、死後硬直のように体は硬くなりません。
ジャンガリアンハムスターは日内休眠といって、行動時間ではない夜明けから代謝を低下させ、夕方になると元に戻ります。このことでもゴールデンハムスターは、冬眠できる機能を持っているのがわかると思いますが、ジャンガリアンなどのドワーフハムスターは、過酷な環境に対応するための最後の手段だとも分かります。
また、冬眠は寝るためのものなので、寝床以外で寝ていたり、横になって寝ている場合は、冬眠ではなく永眠です。

低体温症の症状:
単に、寒くて死にかかる症状です。
凍死の一歩手前の状態で、死亡率が高い。
大まかに分けて3段階あり、体温が低くなると、番号の大きい症状になります。
1:血管の収縮と震え。
2:震えがなくなり、筋肉が硬直する。心拍数や血圧が低下する。精神活動の停止。
3:死んだように冷たくなり、呼吸もわずか。神経活動の停止(仮死状態)。
ここまで追いつめてしまう飼い主が、気づくのは(3)だと思います。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。