ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

真菌性皮膚炎(しんきんせいひふえん)・皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)

症状

脱毛。ヒフがカサカサなりフケが出る。

原因

カビ。免疫力の低下。不潔な飼育環境。

治療

飲み薬(抗真菌剤など)や塗り薬で治療する。

予防

水虫の人にハムスターをさわらせない。ハムスターをさわる前に手を洗う。

コラム

真菌とはカビのこと。
皮膚糸状菌(毛瘡白癬菌:もうそうはくせんきん)というカビによって起こる病気です。分かりやすくいうと、水虫で、人間からハムスターに移る病気です。
感染をしているハムスターは別のケージに移し、感染を広めないようにしましょう。ケージはこまめに掃除し、清潔な状態に保ちます。ハムスターをさわる前や、さわった後は、手をよく洗ってください。
痛がる場合は、真菌性皮膚炎膿皮症)を併発している場合があります。
ニキビダニ症と同じく、免疫力が低下していると発症することがあります。
ハムスターは、清潔な飼育環境で飼いましょう。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。