ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターと酸素ボンベと酸素室(1/4)

投稿日時:
投稿者:USER0337

こんにちわ☆
アム(キンクマ)、マロン+メロン(ロボ)と生活している[USER_NAME]です。

病気についてのお話なのですが。
アム(キンクマ1歳5ヵ月メス)が先週の中ごろからごはんを食べ残すようになったので病院に連れて行ったところ、体温の低下と呼吸困難の症状から重度の肺炎と診断され、おとついまで病院の酸素室に入院していました。
食欲がもどって動きまわれるようになったので家にもどってきたのですが、その夜から再び体温の低下と呼吸困難の症状が出て尿の量が少なく下腹部がふくらんできたこともあり、次の日にまた再入院となりました。

今朝病院に様子を見にいったところ、尿のほうはでていたようでさほど心配ないようでしたが、呼吸のスピードが速く酸素室からはまだでられないとのことでした。酸素室の中では元気そうに動きまわっていました。食欲もありました。
入院通院を繰り返して1週間たつので環境の変化によるストレスのほうも心配になり、在宅医療の相談をしてみたところ、酸素ボンベを貸してくださるというお話をいただいたのですがその酸素ボンベは高さ1メートルくらいの大きなもので火の取り扱いの注意も厳重にしなければなく、即断しかねるものでした。

今回は同じような病状のはむちゃんを介護された経験をもたれるかた、在宅酸素供給医療器具に関係する知識をお持ちになられるかたのお話をうかがいたく投稿しました。どんなちいさなことでもいいのでなにかきずいたことなどあれば
ご意見ください。

よろしくおねがいします