ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターのネギ・タマネギ中毒(1/8)

投稿日時:
投稿者:USER0062

こんにちは、[USER0062]です。先週、忙しくて全然mailを読む時間が無かったのですが、あまり溜まってなくて助かりました。

[USER_NAME]です。

最近記事が少ないので、この隙に質問です。

齧歯目にあげてはいけない食べ物の筆頭に「葱類」がありますよね。

本などを読むと、葱類には齧歯目などの赤血球を壊す成分が入っていると書いてありますが、これはどの程度「あぶない」のでしょうか?

いわゆる、タマネギ中毒ですね。はっきりと文献等を引いているわけではないので詳しいことは言えませんが、牛、羊、犬、猫などで報告されています。

- 以下、抜粋 -

犬がネギ(タマネギあるいはナガネギ)を摂取すると、ネギに含まれる有毒成分(allylpropyl disulfide)によってヘモグロビンが酸化され赤血球内にグロビンの不溶性変性産物(ハインツ小体)が形成される。このため血管内で溶血を起こしたり、あるいは脾臓を中心とする網内系でハインツ小体含有赤血球は容易に補足されて破壊されるために貧血が起きる。この有毒成分は骨髄障害も引き起こすといわれている。
また、加熱しても破壊されないため、大量のネギの入ったすきやきや肉鍋などの残りを給与された犬で発症することが多い。実験的には、煮た中型のタマネギ1個程度(15〜20g/kg)またはそのジュースを連日投与すると、赤血球内にハインツ小体が出現し、7〜10日目には強い貧血が起こる。この場合、血色素尿は必発ではない。(出典:犬の臨床)

以上は犬での話ですが、もし、ハムスターにもネギ中毒があるならば、ほぼ同様の機序が考えられると思います。

「一口食べたくらいだったら大丈夫」、「ちょっとでも食べたらあぶ>ない」、「食べてすぐは元気だけど、そのうち弱ってくる」とか、そ>の程度のレベルで結構なので、ご存知の方がいたら教えて下さい。

ハムスターでどの程度危ないかは解りませんが、極力与えない方が良いでしょうね。
#「君子、危うきに近寄らず」ですね。(ちょっと使い方が違うかな?)
いくらハムスターでも生のタマネギをばくばく食べるとは思えないので、継続的に与えたりしなければ大丈夫なのでは...

ハムスターでの報告はちょっと解りませんでした。たいした、インフォーメーションじゃありませんでしたが、また、何か解りましたらお知らせします。