ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの傷の化膿と抗生物質(1/7)

投稿日時:
投稿者:USER0056

[USER0056]です。
#ちょいと長いうえにちょいとスプラッターな感じもします。
#痛いお話が苦手な方は飛ばしてくださっていいですよ。

ムク君もそうだったんですか?
参考までに、その時の治療法と結果を教えていただけると嬉しいです。

ムクの場合、ばい菌の進入口は口の中でした。噛み合わせが良くなくて自分の歯で口の中を傷つけたみたいでした。(傷つけたのは上顎)なので、上顎の骨に沿ってポコポコと膿溜まりが出てました。
あまりにもひどいのは中の膿を出して消毒したりしましたが、根本的な原因が口の中ってことで、何度消毒してもいたちごっこなだけでした。

このときの記録を見ると、97年の7月11日に右の上唇が腫れているのを発見しています。翌日病院へ行き、抗生剤(ヨーグルトは無理に食べなくてもいいですよと言ってもらっている)をもらっています。その後、進展なく21日に再び病院へ連れて行って、腫れを注射針でついています。このときに結構な量の膿が出て、消毒もしてもらったし、治るものと思っていました。
ところが、膿を出したあとがしこりになってしまい、30日になって三度病院へ行って、腫れた部分を切って顕微鏡で見てもらいましたが(いわゆる細胞診というのになると思います)、しこりが何なのかはわからないと言われてしまい、病院での治療もここまでかな、という決断をしています。
暫く、そっとしておいたのですが、食欲が落ちてきたので歯のチェックをしたところ、下の歯が随分と伸びており8月6日に歯を切っています。また、膿も溜まりだしていたので、家で膿を出してやりました。
上顎に穴が開いているのを見つけたのは8月8日のことです。6日は歯を切ったので、ストレスになってはいけないと、歯を切って膿を出したあとすぐにプラケに戻していたのです。8日は口の中を再チェックということで見たのですけど、そのときに上顎に穴を見つけています。しかも、穴の中にはたっぷりの膿。洗浄という方法を採れるなら採りたい、とそのとき思いました。
その後、体重測定の度に上顎に溜まった膿を採りつつの闘病というかなんと言うかな日が続き、9月27日に息を引き取っています。
最初に上唇の腫れに気付いたのはムクが2歳1ヶ月頃のことです。

誠一郎君の腫れが単発のものなら膿を出して消毒をしてもらえば随分良くなるのでは私は思っています。(歳なので治りがとても遅いかもしれませんが)でも、万一のこともありますから、口の中を診てもらって、歯の状態や傷の有無なんかを調べてもらってくださいね。

よく似た名前で「アモキシシリン」というのがあるのですけど、同じもの?別物?同じものならちょっとまずい気がしたもので。

えっと、どういう風に「まずい」のでしょうか?

手元に「小動物の処方集」という本があるのですが、その本によるとアモキシシリンはペニシリンの一種でハムスターやモルモットには使わないように、となっているのです。

私も耳で聞いてきただけなので、ちょっと表記には自信がないんですが、そう言われるとにわかに不安になっちゃいます。
ちなみにお薬は、オレンジ色で、かすかに柑橘系のような匂いのする物です。

その薬がどのような見た目であるかまではわからないのですが、まさか先生がそう言う薬を出すとも思えないし、でもうっかりってこともあるかもしれないし、ただ単に商品名として名前が似ているだけで全然別な薬かもしれないし、でももしアモキシシリンなら誠一郎君のことが凄く心配だし・・・で知ってる人いませんか?と聞いてみたのです。
#是非!

勿論他のどこに出来てもビックリなんですが、顔だとよく見えるだけに気になってしまいます。

そうなんですよね、しかも可愛い顔してたりすると余計痛々しくて。
誠ちゃん可愛い顔してたから。

今まではどの子が病気になっても、それを記録に残すことがどうしても出来ませんでした。
>でも、今回はデータとして取っておこうと思っています。

ほんのメモ程度でも書き留めておくと、見て思い出すことが出来ます。ムクのお話みたいにね。