ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

アカラス症(あからすしょう)・ニキビダニ症(にきびだにしょう)

症状

首、背中、腰。わき腹の脱毛(薄毛)。かゆみを伴う場合もある。

原因

ニキビダニの寄生。病気で免疫が低下しているとなりやすい。ストレスや栄養不良などでもなる。

治療

塗り薬(殺ダニ剤)で治療。一次疾患の治療。

予防

ウンチや食べ残しをまめに掃除して、ダニが寄生しない環境をつくる。

コラム

ニキビダニは、ほとんどのハムスターにもいるものです。授乳中に母ハムから子ハムにうつります。ちなみに、人間にも80%くらいの確率でいるそうです。
ヒフが乾燥してフケっぽくなります。かゆみがひどい場合は、ひっかいたりかんだりしますが、ほとんどの場合は気にならないそうです。
アカラスはダニが原因になっていることは、ほとんどなく、腎臓、副腎、甲状腺などの病気が原因で、ニキビダニが異常繁殖することで症状が現れます。ダニを駆除しても内臓の病気は治らないので、気がついたら早急に病院に行きましょう。そもそもニキビダニは目に見えませんが……
若いハムスターより、1歳以上の老ハムや、赤ちゃん、妊娠中など免疫力が落ちたときに、発病する病気です。

しかしニキビダニが直接、悪さをすることがあります。ヒフが乾燥、脱毛、みずぶくれ、ニキビができますが、かゆみを伴うことはありません。しかしこの場合も何かを併発している可能性があり、皮膚疾患の疑いもあります。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。