ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

栄養性脱毛(えいようせいだつもう)・栄養性皮膚炎(えいようせいひふえん)

症状

部分的な脱毛(顔とおしり)。フケ。

原因

老化。栄養不足。

治療

エサをペレットに変える。栄養の補給。

予防

かたよった食生活をさせない。

コラム

ほとんどのハムスターの、ハゲの原因はストレス性脱毛です。エサの栄養価を見直す前に、飼い方を見直しましょう。

ビタミン、ミネラル、脂肪酸、特に粗タンパク(CP)が16%以下のエサを、与え続けると起こる可能性があります。
栄養のバランスに気をつけることはもちろんですが、飼い主の中途半端な知識が原因で、変に気を使った食生活も栄養バランスをくずす原因になります。よく分からないのなら、実験用動物のペレットを与えるようにしましょう。

ハムスターに栄養補助食品を与えている人がいますが、ハムスターのお腹はすぐにいっぱいになるので、病気でもないのに与えていると主食が食べられなくなり、病気になりますよ!私もよく他人のホームページを見ているのですが、ペレット以外に変な物を食べさせている人の方が病気になっています。良かれと思い与えているのかと思いますが、メーカーも変なエサだと思っても、売れると作り続けるので、買わないようにしましょう。
脂肪の多い食事だと、脂漏性皮膚炎と併発することもあります。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。