ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの脱毛(ホルモン異常)(1/2)

投稿日時:
投稿者:USER0430

こんにちは、[USER0430]です。
うちのはむ太のハゲについて、その後の報告です。長文です。
#実は、もう一度獣医さんを変えたんです。

はむ太のハゲ
症状:臭腺の周囲から後ろ脚にかけて500円玉3つ分位。右側より
   左側の方が広い。これは左後脚が多少不自由なため
   思いきり掻けない為と思われます。
   その他脇の下、腹部、共に毛が薄い。背中、頭部、前脚には
   全く異常なし。ハゲの部分の地肌はきれいなピンク。
   よく見ると淡い細い毛がちょっと生えている。
   掻きすぎて傷になったことはありません。

ハゲ始め:昨年の8月末から9月にかけて。
     それ以降ちょっとずつ進退を繰り返して広がりました。

1軒目の獣医さん:ビタミンBとかゆみ止めの薬を経口投薬。
一進一退しましたが、冬の通院だったので12月で中止。
         
2軒目の獣医さん:カビ性のハゲだと診断。
塗布する薬と総合ビタミン剤。

ここまで、前回お知らせした経過です。

これで治るかな?と思ったのですが、塗布する薬を塗り始めてハゲが進んでしまったことと、
塗った後に肌が少し赤くなるため2日で中止しました。

重い皮膚病という感じでもないので、もう病院へ連れていくのは止めようかと思いましたが、飼育書などを読んでいると、はげも病気のシグナルかもしれないと、心配になってきます。
やはり、専門で診てくれる先生のところがいいのだろうかと思って、[DOCTOR_NAME]先生のところも考えたのですが、ちょっと遠いので、中野の哲学堂近くの[DOCTOR_NAME]へ連れていきました。

雑誌や本、テレビにもめずらしい動物と出演しているあの先生の病院です。
実はこんなに近くにあったとは知らずに、たまたま見ていた雑誌に載っていたインタビュー記事を読んで、面白い先生だな、と思い、どこにあるのか調べたら、家から歩いて30分、タクシーなら5分で行ける距離ぢゃありませんか。

予約制で、エキゾチックアニマルや爬虫類などは、[DOCTOR_NAME]が直接診るので、午後の6時から6時半頃に来てくださいとのこと。
土日は一杯だそうですので、平日です。
行ってみてびっくりしました。
まるで美容院のようなガラス張りで、なんともいえずサイバーな雰囲気。
待合室と診察場所との境は巨大な肺魚の水槽! 
待っていたのはうさぎにフェット、ハムスターに星亀、りす……。
(2度目に行った時は2メートルほどの水とかげがっ。でも、きれいな生き物ですねー)
爬虫類を連れてきている人に、飼育方法の注意指導をとても丁寧に説明指導していました。

で、うちのはむ太です。
どういう訳か巣箱のなかで爆睡状態。いつもは目を開いたまま大緊張しているのに、つついても薄めをあけて夢の中。
それを起こして診てもらうと、
「両方はげてるでしょ。これはホルモン異常だね。そういう家系があるから」
とのこと。
「じゃあ、毛生え薬をあげよう」
とおっしゃってから、はむ太の首の後ろをつかんで
「ほら、かわいいでしょ」「やっぱりゴールデンはかわいいなあ」
とぶらぶらつり下げて見せてくれます。
もう、爆笑するしかありませんでした。

粉薬をいただいて、診察料と薬代で4000円でした。
その薬を1日1回耳掻きにすりきり1杯のませるようにとのこと。
首の後ろをひっぱて口をあけたところにいれるのですが、水薬より意外と楽です。
なによりも、これが本当に1週間で毛が生えてきたんんです!
#もうはげ太君なんて呼ばないぞ>はむ太
#はて、カビ診断はなんだったんだ?

昨日、2回目の通院でした。
大分毛が生えてきたので、もう10日ほど薬を続けて、様子をみながら薬をやめてみて、再発しなければ大丈夫だそうです。
なんの薬かお聞きしてみたところ、ステロイドが入った、ホルモンを調整する薬とのこと。
「だから長い間使いたくないんだよね」
この薬をあげると代謝が活発になって、よく食べ、よく水を飲むようになるそうです。
#うちのはむ太はもっと太った方がいいそうです。胴まわりが細いおやせさんだといわれました。えへへへ。

昨日は「なんにもしてないから」と、診察料他、無料でした。

全国のはげはむちゃんのご参考になればよいのですが。
ではー。