ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの脱毛と飼い主と獣医(10/11)

投稿日時:
投稿者:USER0136

[USER0136]です。

う〜ん、ますます痛いところを突いてきているな。

それだけの回数(軒数)、病院へも足を運んでいると思ってください。

はい、異論はないです。(^^; 
 # 精神的にすでに押されてしまっている。

今、お世話になっている病院の先生が、聞いたことに対してキチンと返答をしてくだされば、それで良いことなのですけど。
飼い主も勉強をしている、と言うことを感じていただいて、負けてられないぞ、と思ってくだされば幸いなのですが。

いやいや、今回のお話はこの点につきます。是非ともそういう人柄であって欲しいです。

う〜ん、でも、情報は私達一般人が取得しようとするよりは、得やすい立場にあるのではないかと思うのですが。

実状はそれ程変わらないですよ。専門書というのがまずありませんから。
普通は犬や猫の診療が中心ですから、ハムスターそのものに回せる時間というのは熱心な飼い主さんよりも少なくなると考えるべきかもしれませんよ。
犬猫の場合は人間と同等の治療レベルは要求されますから、そちらの要求に答えるべく勉強していれば、どうしても時間はなくなります。経営者とすれば、犬猫を優先するのは自然な流れです。

それとも、ハムスターの診療に長けた先生の噂などを耳にして、自分だけわからないと思いこまれているのでしょうか。

これはケースバイケースでしょう。

例えば、[USER_NAME]さんが今度行かれたときに「私なりに調べたのですが、ハムスターの診療って難しいのですね」みたいなことを一言添えれば、先生も「他にもわからない先生がいるのだな」と思って、色々話しやすくなるでしょうか?

ご本人次第ですが、胸襟を開いてのお話ということであれば、糸口にはなるかも。

そう言えば、ありましたね、CAPのコピー。(^^;;
指摘されてすぐ、例の写真が目に浮かびました。
ずっと続けていると、あーなってしまうのですね。

私にも衝撃的な写真でした。
これを読んでいる人、ごめんなさい! 当事者同士でないと意味不明ですよね。

けど、そう言うことって、教育の現場では誰も教えないのでしょうかね。
つい先日もぶつかりましたよ、こっちの質問には全く貸す耳ありません、って態度の先生・・・まだ若かったのにねぇ。

教育現場を大学に限定していえば、教えてはくれません。だって、診療していない先生が教鞭をとっていますから。
実際の診療施設では、そこの院長がどういう診療方針かどういう経営方針かで千差万別です。
あまりに繁盛していて忙しければ、1件当たりにかける時間は減少していくし、あまりに暇過ぎればやる気そものがなくなっているかも。

せめて若い先生方には謙虚でいて欲しいと思います。

そうですね、実際にそう言うことを経験してきていますから、そう言うのもわかりますね。

獣医師が1人前に診療できるまでには多大な時間と経験を必要としますので、なにぶん寛大な目でご指導・ご鞭撻のほどを。