ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

病院選びと獣医師の意見(1/2)

投稿日時:
投稿者:USER0232

[USER_NAME]@東京都八王子市です。
#サブジェクト変えました。

>こんにちは、[USER_NAME]@お返事こんなに頂いて嬉しいぞです。
確かに、専門的なお話は私のような門外漢に要領よく話すことは、難しいでしょうし、

お医者様の見解やそれに対するお考えをもっとお話いただければ、お医者さんともっと理解しあえると思うのですが。
#まだ病院って敷居が高い気がして...。>そう思うのは[USER_NAME]だけ??

私も思います。>[USER_NAME]さん
でも、それって、私たち次第で改善されることかも。
「もっと話してくれないかなー」と待つのではなくて、「私は知りたい」という意思表示をすることです。お医者さんもお忙しいでしょうが、こちらも大切な家族のことですから真剣です。
それでイヤな顔されるようだったら、病院変えます。

犬でのことですが、実際「しつこく聞いてて良かった」と思うことがありました。
ちょっと長いですが、聞いてください。
実家の犬が、ある日突然、椎間板ヘルニアで、下半身が麻痺し、歩けないだけでなく、排泄が出来なくなりました。毎日通院し、注射を打って、おしっこを採ってもらっていたのですが、「尿毒症」といって、体内にたまったおしっこの影響で、犬は衰弱する一方で、こちらにとっても辛い日々でした。
改善の見込みは薄く、お医者さんは、暗に安楽死の可能性も示唆されました。
もちろん、私たち負担なども考えてくださってのことでしたが、「それほどまでに希望がないのか」と家族は皆落胆しました。
が、病気とその症状について、詳しく説明されていたので、自分達なりにいろいろ調べることもできました。それで、「まったく望みがない」わけでないことも冷静に理解でき、処置の一部が家庭で引き受けられることにも思い当たりました。
意見を申し出ることは多少気が引けたのですが、おかげで、その後の方針は、私たちの意向も取り入れられるようになり、家で出来ることは面倒見ることとなりました。
そして、看病のかいあってか、犬はその後、まさに「奇跡的」に回復したのです。

あの時、質問せずにお医者さんの言葉だけを聞いていたならば、「安楽死」という言葉の強烈さに打ちのめされて、諦めていたかもしれません。
知識がなければ「他の選択肢は」と食らいつくこともなかったとも思います。
気弱になってる飼い主の思い込みで、「可能性の一つ」として、示されていたはずの安楽死が、軽率に選択されなく良かった、とつくづく思います。
愛する家族のために後悔したくないですよね。
納得いくまで質問することも飼い主の大切な役目であると思います。

長々と失礼いたしました。
では。