ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの脱毛と飼い主と獣医(9/11)

投稿日時:
投稿者:USER0114

[USER0114]です。

その旨キチンと説明があってのことでしたら、それは、その先生が相当数

う〜ん、ますます痛いところを突いてきているな。

それだけの回数(軒数)、病院へも足を運んでいると思ってください。

たぶん手探りなのではと私も想像しているので、説明のしようが

少々不安。こればっかりは診察を受けてみないとね。

今、お世話になっている病院の先生が、聞いたことに対してキチンと返答をしてくだされば、それで良いことなのですけど。
飼い主も勉強をしている、と言うことを感じていただいて、負けてられないぞ、と思ってくだされば幸いなのですが。
でも、よっぽど凝り固まった人か、何も考えてない人でない限り、ちゃんと答えてくれるのではないかと思っています。

自分だけが知らない・分からないのではという思いがあると簡単には口にできる言葉ではないです。

う〜ん、でも、情報は私達一般人が取得しようとするよりは、得やすい立場にあるのではないかと思うのですが。
それとも、ハムスターの診療に長けた先生の噂などを耳にして、自分だけわからないと思いこまれているのでしょうか。

逆に そう言ってくれる先生なら信用してもいいんじゃないかな?
まあ、なにかあっても隠さずに教えてくれるのではないかな。

例えば、[USER_NAME]さんが今度行かれたときに「私なりに調べたのですが、ハムスターの診療って難しいのですね」みたいなことを一言添えれば、先生も「他にもわからない先生がいるのだな」と思って、色々話しやすくなるでしょうか?

いや、両方です。[USER0114]なら、CAPの古いコピーを持っていたと

そう言えば、ありましたね、CAPのコピー。(^^;;
指摘されてすぐ、例の写真が目に浮かびました。
ずっと続けていると、あーなってしまうのですね。

手探り状態であるからこそ、飼い主さんとのパートナーシップが大切なのでは?と私は思うのです。

この意見はまったく同感です。診療は獣医師が1人で行うものではないです。飼い主さんといっしょに考えてくれることが大切なのだと思います。

けど、そう言うことって、教育の現場では誰も教えないのでしょうかね。
つい先日もぶつかりましたよ、こっちの質問には全く貸す耳ありません、って態度の先生・・・まだ若かったのにねぇ。

飼い主さんも獣医師をハムスターの世界に引き込み、獣医師として育てる覚悟と忍耐が求められます。

そうですね、実際にそう言うことを経験してきていますから、そう言うのもわかりますね。