ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

皮膚型リンパ腫(ひふがたりんぱしゅ)

症状

頸部(くび)などのあっちこっちのリンパ節がはれる。発熱。体重減少。身体のだるさ。かゆみ。さわると痛がる。

原因

遺伝。

治療

患部を切除する。

予防

NO DATA

コラム

ゴールデンハムスターがなりやすい。
白血球の中のリンパ球が、ガン化した悪性の腫瘍です。
リンパ球は、血液や骨髄の中にあり、細菌やウイルスなどと戦っています。
リンパ腫は骨髄ではなく、リンパ組織がガン化してしまう病気で、リンパ球性白血病とは、ちがう病気です。

私の飼っているゴールデンハムスターにも、よくできてしまうのがリンパ腫です。首のあたりにできるので、ほお袋に入れてあるエサと勘違いしやすいですが、しっかり飼えていると、ほお袋にエサを溜めっぱなしにすることはないので、何か入っているようならリンパ腫を疑いましょう。
ハムスターは皮膚に余裕があり、ほお袋の周りはさらに余裕があるので、手術しやすく、術後の痛みも少ない場所です。早めに腫瘍を取り除けば、助かったり、苦痛を和らげることができるので、手術ができる病院へ行くことをお薦めします。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。