ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターと栄養素いろいろ(3/10)

投稿日時:
投稿者:USER0033

[USER0033]@香川医科大学です.

勉強不足でした.

人では過角化症、口腔扁平苔癬の治療に用いられますが、催奇性のため男性も女性もそれぞれ一定期間の避妊をすることの旨が注意書きに明記されています。
そのほかほてり、発赤、掻痒、皮膚がぼろぼろむけるなどの作用?があります。

なるほど.思い出してきました.ハムスターに関しても調べてみたら,しっかり書いてありました.

「NewberneとMcConnell(1979)は,ハムスターにおける慢性疾患の研究の結果,以下の報告をした.
1.半精製飼料中1Kgあたり2mgのビタミンAが成長,維持,生存率(の向上)に適切であり,普通の飼料の中にだいたい等しい量含まれている.
2.過剰なビタミンAは,ハムスターにおいて脂肪肝および胚の奇形発生(teratogenesis)を引き起こす.(意訳しました)」

(出典)The UFAW handbook on the Care and Management of Laboratory Animals,SIX EDITION.1987

↓下のマウスの場合と同じような結果が得られているようですね.

催奇性はマウスで実験されたものだと思います。

情けないことに該当する論文を読んでいませんでした.ご指摘ありがとうございます.