ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

麻酔の安全性(5/12)

投稿日時:
投稿者:USER0220

[USER_NAME]です。

ラットは結構凄い声でなくし、あまり触ったことがない人はびびってしまいますよね(^^;)。

自分も慣れるのに1週間くらいかかりました。
だって、噛まれるのヤですよねえ。しっぽも長いし(笑)。
でも、慣れると、抱っこするの、ハムより楽勝かも。

でも学校や多くの病院ではハロタンを使ってると思います。

感受性の問題のようです。
水虫と同じで、みんなが肝炎に罹患するわけではないので…。

チェンバーで導入して、鼻マスク(自作)で維持しながら処置してました。

鼻マスクとはさすが。
でも、気道確保という点ではいまいちですよね。
口から息をされてるとすれば、吸入麻酔薬・酸素だけではなく、空気がかなり混入した状態で肺換気されていることになりますし。
口に栓するのかなあ…。
あと、チェンバーでの麻酔導入時、結構、中でもがいてませんか?
見た目、あのストレスが何とも、でした。
自分の麻酔のときだけかなあ…。
(いちいちイチャモン付けているようですいません)

現実的には輸血は出来ないので、

そうですね。
技術的には静脈確保も可能ですが、輸血するためには、当然、他のコの血液を抜き取らないといけません(^^;
1匹を助けようとして2匹ともアウトになったら元も子もないですね…。

[USER_NAME]さま、大変勉強になりましたm(_ _)m