ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの麻酔と肝臓とヒマワリの種(1/5)

投稿日時:
投稿者:USER0180

こんばんは。
[USER_NAME]です。

昼間、雪を治療ため病院へ連れていったとき、先生から気になることを聞きました。
それは、ひまわりの種についてです。
ハムスターなどのげっ歯類は、ひまわりなどの脂肪分の多い種がとっても好きですが、これらは少しでも多く摂ると肝臓に負担をかけるそうです。
肝臓は施術の時かけた麻酔を分解し、術後、患畜が目を覚ますのに重要な役割を果たすということです。
最近、麻酔が覚めないでそのまま逝ってしまうハムスター多いので雪の施術も「覚悟してほしい。」といわれました。
#骨の折れたジャンガリアンハムスターの施術後、目の覚めなかった例があるそうです。
病院の先生は、
「ひまわりの種は、人間の嗜好品と同じで、全然摂取しなくてもハムスターが病気になるようなことはありません。かえって一部では、全然摂らないほうがよいといわれ始めてますよ。」
とおっしゃっていました。

ひまわりの種って、とても嬉しそうに食べるので、ついついあげ過ぎてしまいますが、こんな恐いことになるなんて知りませんでした。
既載でしたら、すいません。
何分、過去の未読がまだごっそりある身の上なので...。

ついでになってしまいましたが、今日、雪が施術して頂いた病院を紹介させていただきます。

[HOSPITAL_ADDRESS]

あと、ハムスター専用ではないですが、フードを紹介して頂きました。