ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

野菜の栄養価

名前
かよ
表題:

フェイクファーで充分!


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
その中でもペットビジネスは、生死に直面できるハズなのに、人間を喜ばせるだけの道具になっていと気付いている人も多いと思います。

あぁ、あるある!犬に服着せたりとかね。
そんで飼い主は毛皮着てたりとかしますよね。
話がそれて申し訳ないのですが、私は毛皮着てる奴が昔から大嫌いです。
日本の気候でそれは明らかに不必要です。
しかも最近はバッグとかアクセサリーにもリアルファーが使われていたりします。
ファッション誌にも店頭にもファージャケットが大量に並んでいます。
そして「かわいい」という理由だけでそれを買う若者(ばか者)たち。。
(一応私もまだ若者のつもりですけど…)
そんな毛皮を自慢げに着ている人の気が知れない。
「私は極悪非道な女で〜す♪」って言って歩いているようなものだと思いませんか。
毛皮はその動物たちの命と引き換えなんですよね。
羊の毛と一緒にしないで欲しい。またすぐ生えてくるモノなんかじゃないんです。
毛皮の種類に「ハラコ」っていうのがあるの知ってます?
ハラの子、腹の子、つまり、お腹の中にいる胎児を掻き出して作った毛皮なんです。
母子ともに殺すんですよ。それを「可愛い〜!(*>∀<)」って言って買ってる女の子たち・・・。それを見ていると、私には


「管理者」さんの引用:
そんな教育をもろに受けている団塊世代が、これから大量に定年を迎えるので、新しい考え方を持った教育者が増えて、その影響を受けた子供たちが社会に出て、少しずつ世の中を変えて行くんでしょうね。

とはちょっと思えないんです。
人間は皆不完全ですから、悪い方には進むけれどなかなか良い方向には進まないものだと思います。


「かよ」さんの引用:
「管理者」さんの引用:
ちなみに、ペレットは砕いて固めただけの、ペレットの方が良いです。
飼い主が砕いておいて、それを餌入れに固めて置いておくという意味ですか?

ところで、↑ってこの意味で合ってますか?
今まで私はそのままハムに与えていましたが、砕いた方が良いのかなぁ・・・


名前
管理者
表題:

無知な女が一番怖いです。


投稿日時:
「かよ」さんの引用:
あぁ、あるある!犬に服着せたりとかね。

犬種によっては日本の気候が合わない犬もいるので、服を着せるのもアリかと思うんですが、犬は選択肢が多いので気候が合わない犬を飼う必要もないやん!
っと、よく思いますね。
私自身の散髪代をけちっているので、トリミングが必要な犬の必要性も分からない。


「かよ」さんの引用:
しかも最近はバッグとかアクセサリーにもリアルファーが使われていたりします。

日本は希少動物の大量消費国ですからね!


「かよ」さんの引用:
ファッション誌にも店頭にもファージャケットが大量に並んでいます。
そして「かわいい」という理由だけでそれを買う若者(ばか者)たち。。

そんな物で着飾るより、動物のかぶり物をかぶった方が、顔も体も見えなくて、かわいいぞ!っと思う。


「かよ」さんの引用:
毛皮の種類に「ハラコ」っていうのがあるの知ってます?
ハラの子、腹の子、つまり、お腹の中にいる胎児を掻き出して作った毛皮なんです。

ハラコって初めて聞きました。
海外では、ハムスターの毛皮も売っているらしいですよ。


「かよ」さんの引用:
今まで私はそのままハムに与えていましたが、砕いた方が良いのかなぁ・・・

そうじゃないですよ。
製造過程のことなので、ペレットはそのまま与えてください。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
かよ
表題:

Re:


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
海外では、ハムスターの毛皮も売っているらしいですよ。

ハムエッグユーザーにとっては身の毛がよだつ話!!
海外(主にヨーロッパ各国)では毛皮反対運動が盛んなのに、まさかハムスターの毛皮があるだなんて。本当に驚きました。
エコロジーや動物愛護に関心の低い日本でならありえなくもない話だとは思いますが。


「管理者」さんの引用:
製造過程のことなので、ペレットはそのまま与えてください。

そうでしたか。ありがとうございました 勘違いするところでした。

名前
ゆうこ_BB
表題:

あーいやだいやだ


投稿日時:
「管理者」さんの引用:
その中でもペットビジネスは、生死に直面できるハズなのに、人間を喜ばせるだけの道具になっていと気付いている人も多いと思います。

「かよ」さんの引用:
「触る」「ブラッシングをしてあげる」「お散歩を…」等、全てはハムスターの為ではなく、人間がハムスターに「世話を焼く」事を喜びとしていて、飼育書もそれを想定しての書き方だったりしますよね。

ああ、本当にこの先のペットビジネスとその消費を考えると、焦りますね。
もう不安です。
私は幼稚園くらいから高3まで三匹のうさぎを飼っていました。
始めから最後まで世話は私がしてました。
ネットも飼育書もなかったので学校の飼育小屋の世話の仕方を参考にして飼ってました。もう本当に質素、粗食、人間との物理的な距離はかなりおいていました。
その程度でもちゃんとコミュニケーションはとれていましたし、病気知らずの大往生でした。
で、時は流れて現在、久々にうさちゃんコーナーにいったら、うさぎがリードをつけて服を着てました 私の頃は爪切りくらいしかなかったお世話グッズもズラズラと陳列されてました。(グッズで動物の幸せってどのくらいあたえられるのだろう…)
これはうさぎの飼育が進化したのか、飼い主の欲望が進化したのか、一体何が起こったのか、私浦島太郎状態で非常に困惑しました。
10年後ハムスターが服をきてたらマジで嫌です


「管理者」さんの引用:
海外では、ハムスターの毛皮も売っているらしいですよ。

あー、ありましたね。もともとクロハラの毛を裏地に使うということは前からあったみたいなんですが(肉は食用)、このハムスターの毛皮もそうなんですかね?
COAT OF 100HAMSTERSというタイトルでニュースになってました。たしか40万くらいでした。
この話を追跡しようと思って、ネットをみてましたら、とあるページでなんと日本にも入ってきていることが判明!
品質表示にハムスターって書いてあるんですって
かよさん、一緒に暴れます?

名前
かよ
表題:

Re: あーいやだいやだ


投稿日時:
「ゆうこ_BB」さんの引用:
10年後ハムスターが服をきてたらマジで嫌です

ハム服が本当に売り出されたら、自称ハムスター好きな女児が喜んで買いそうな感じですよね。
ゆうこ様のウサギグッズのお話でもそうですが、ハムグッズやその他のペットグッズも、


「かよ」さんの引用:
全てはハムスターの為ではなく、人間がハムスターに「世話を焼く」事を喜びとしていて、

というところに繋がってくるものですよね。
売れればいいのだから、ハム・ウサが楽しいか快適かなどはどうでもいいんでしょう、生態やそれに基づく商品開発というよりは、売れそうなデザイン、「必要!?」と思わせるキャッチコピー・・・。
しかもついついそれに踊らされそうになっている自分にも鬱・・・。


「ゆうこ_BB」さんの引用:
もともとクロハラの毛を裏地に使うということは前からあったみたいなんですが(肉は食用)、このハムスターの毛皮もそうなんですかね?
COAT OF 100HAMSTERSというタイトルでニュースになってました。たしか40万くらいでした。

知らなかったのは私だけで、もしかしたらけっこうメジャーなニュースなんですか?


「ゆうこ_BB」さんの引用:
かよさん、一緒に暴れます?

いいともー!