ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ロボロフスキーのエサ

ロボロフスキーの主食に与えているもの(投票数:12件)
実験動物用のペレット(ニッパイも含む)
58% [ 7 件]
その他ペレット(イースター・サンコー)
0% [ 0 件]
その他ペレット(マルカンなど)
25% [ 3 件]
ミックスフード
17% [ 2 件]
ハトなどのトリのエサ
0% [ 0 件]
主食はない
0% [ 0 件]

名前
管理者
表題:

ロボロフスキーのエサ


投稿日時:

みなさんはロボロフスキーのエサとして、何を与えていますか?

私は実験動物用のペレット(オリエンタルCR-LPF通常サイズ)を主食に与え、キャベツも常時食べられる状態にし、ミルワームやアワを時々オヤツ代わりに与えています。当然、水は常に飲める状態ですが、それだけでは楽しみも少ないので、毎週日曜日だけはミックスフードを与えています。
ハムスターのエサの与え方としては最適だと思えるのですが、ロボロフスキーに関しては1つだけ昔から疑問に思っていたことがあります。

そんなエサを与えていても、ツメが伸びやすいのです。簡単に言えば過長爪です。
ツメが伸びやすいということは、栄養のバランスが悪いということでもありますよね。最も運動量の多いハムスターなので、ツメは回し車などで適度に削れていると思うのですが、それ以上にツメが伸びていると思います。
どのロボロフスキーも若い時からそんな感じですし、それていて病気になることも、早死にすることもありません。ゴールデンなどの他のハムスターに関しては、ツメを切った事すらないのですがね。


説明
特別長い子はいますが、この子だけ長いのではなく、今まで飼った全員が長いです。
ダウンロード回数
503回
ファイル形式
JPEG
フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ちいちい_BB
表題:

エサとは直接関係ないのかもしれませんが・・・


投稿日時:

チョコチョコ行っているサイトさんで、「ロボロは1年が山」といったことを聞いた覚えがあるんです。
1年経たずに死んでしまう子と1年以上生きる子と分かれて、1年以上生きると結構長生きするとか。
やはり栄養バランスとかなんでしょうか。
そう考えても同じエサをあげていても寿命が違うっておかしいですよね。

全くの気のせいなんでしょうか・・・。


名前
管理者
表題:

エサじゃないような気がしますね


投稿日時:
「ちいちい」さんの引用:
やはり栄養バランスとかなんでしょうか。
そう考えても同じエサをあげていても寿命が違うっておかしいですよね。

エサに何を与えているのか気になりますよね。
15〜16匹くらい飼育しましたが、1年以内に死んだロボロフスキーは、私の家ではいませんね。私も昔はミックスフードだけ与えたいた時期もありますが、みんな2年以上は生きていますよ。
なんか、かまいすぎな様な気がしますね。ストレスに強い子は生き延びて、ストレスに弱い子は死んでしまうのではないかと思っちゃいました。私はロボロフスキーを、ほとんどさわらないで飼育するので、長生きするんでしょうか?まぁ、観賞用のハムスターなので、さわらない方がいいとは思いますけどね。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。
名前
ゆき_BB
表題:

ロボエサ・2


投稿日時:

はじめまして。ロボハム飼育歴3ヶ月、初心者のゆきと申します。
わがやでは、通常のエサにニッパイのハムスターフードと鳩のエサをミックスしたものと、ニボシ1匹、キャベツかとうもろこし、リンゴなどの野菜を少し、あげています。
あとは週に1〜2回、粟玉で手に乗ってもらったり、ドライのバナナやナッツをあげたりしています。ヒマ種はあげていません。
いろいろな本やサイトをみて、これが一番いいかなあ、と思っているのですが、なんせロボ素人なので、他のみなさんのご意見も是非聞いてみたいです。
気になっているのは、「ハムスターセレクション」と動物実験用ペレット、ミルワームです。これらはハムにとってはうれしいごはんなんですかね??
今のところ、わがやのハムは元気で、重さ24グラムです。
ジャンハムと違い、ロボにはどのくらいの量のエサをあげていいか悩みます・・・・。
体重の10%とはいいつつも、ついつい多めにあげてしまう、ダメ飼い主です。


名前
管理者
表題:

Re: ロボエサ・2


投稿日時:
「ゆき」さんの引用:
気になっているのは、「ハムスターセレクション」と動物実験用ペレット、ミルワームです。これらはハムにとってはうれしいごはんなんですかね??

はじめまして、ゆきさん。

ハムスターセレクションについて
ハムスターセレクションってイースターの物ですよね。動物病院でも売っている物なので、悪くはないんでしょうけど、うたい文句がスキではないので、私は与えた事がありません。なのでよく分かりませんね。スミマセン。

実験動物用のペレットについて
ラーメンが、なぜうまいのかって分かりますか?人間の体の求める栄養素に近い、食事だからです。三大栄養素といわれる、タンパク質、脂肪、炭水化物だけ考えても、しっかり含まれています。特にお酒を飲んだ後など、無性に食べたくなる人がいるとおもいますが、極端に栄養バランスを崩した食事をした時に、本来の栄養を摂取しようとして食べたくなるのです。当然、うまい!と感じるはずです。
実験用動物のペレットに関しても、同じ事がいえると思います。ペレットと聞けば、まずそうなイメージもありますが、ハムスターに必要な栄養が含まれているのなら、必ずうまいと思っているはずです。
私はロボロフスキーを集団飼育していることもあって、実験動物用のペレットでも急いで取りに来る子がいます。しかも時々、取り合いになって軽いケンカになる事もあります。
また肉食動物用のペレットと違い、ハムスターのペレットは穀物がほとんどで、腐りにくく防腐剤なども少ない、安全でおいしい食べ物だと思います。
食べるという事に飽きる事はありませんしね。

ちなみに、私はラーメンもお酒も嫌いです……

ミルワームについて
ヒマワリの種を食べない子が時々います。ミルワームに関しては必ず食べます。ロボロフスキーにミルワームを与えてみると分かると思うのですが、ミルワームを見るとオシッコをチビってしまうくらいエキサイトして、猛ダッシュで走り込んでくる子もいます。それだけでも、おいしい食べ物だと判断できると思います。
ミルワームを与えなくても、他の食べ物でミルワームの代わりになる栄養を摂取する事ができると思われています。しかし野生のハムスターは、昆虫の死骸や昆虫のウンチを食べていますよね。私の想像ですが、昆虫の内臓にある何かを摂取しようとしているのではないのかと思っています。それが何かというのは全く分かりませんが
ペットショップで購入した個体なら、数世代に渡りミルワームは食べていないエサだと思いますが、それでも必ず食べるという事は、何か重要な物があるのだと思いますよ。生きエサを食べるというのも大事だと思いますし、飼い主もカロリーメイトだけの食事でガマンできないのなら、ハムスターにも食べる楽しみと、少しの贅沢は必要ですよね!


「ゆき」さんの引用:
今のところ、わがやのハムは元気で、重さ24グラムです。
ジャンハムと違い、ロボにはどのくらいの量のエサをあげていいか悩みます・・・・。
体重の10%とはいいつつも、ついつい多めにあげてしまう、ダメ飼い主です。



エサの量って気にされている方が多いですよね。
体重の10%が、どのハムスターの物か分かりませんが、体が小さくなれば、普通はパーセンテージも増えていきます。ロボロフスキーとジャンガリアンの両方を飼っている人に聞くと、ほとんど同じくらい食べると言いますね。私もそう思います。
私はハムスターに限らずペットのエサは、どう考えても食べられない量を必ず入れています。仕事で家に帰られない時があった時があったから、そうしていたのですが、それでいて食べ過ぎてデブになるペットはいませんし、みんな長生きしてます。
これも私の予想なのですが、エサがあまり入っていないと、野生でいう食料の少ない時期だと感じてしまうのだと思いますね。もともとハムスターはエサを貯蓄する生き物ですから、エサが豊富にあると思うと最も適した体格になるんだと思います!
さっき、うちのロボロフスキーを何匹か、とっつかまえて体重を量りましたが、22g〜29gでしたね。一番大きい子は、ほお袋にいっぱい入っていたので、2gくらい誤差があると思います。みんな1才を過ぎているので、これくらいが正常かと思いますよ。

フォーラムの評価機能を利用すると、必要な記事を見つけやすくなるなど、閲覧と管理に影響します。
そのことで、他の飼い主のサポートができるだけでなく、より深く話し合えるきっかけになります。