ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの血尿・尿結石・膀胱炎・生殖器の疾患(3/13)

投稿日時:
投稿者:USER0390

[USER0390]つくば(茎崎町)です

他にも生殖器系の疾患を持った子が居ますが、大抵は膣口の辺りに血が付いているので分かりました。
また、トイレ以外でも血がそちらこちらに付いていたりしました。

そうですね。そんな感じです。お知りの毛に血がべっとりついているんですぅ。そんなので歩き回るので、あちこちに血痕が付着してしまいます。

我が家ではトイレの砂は固まる砂を使っているので血尿が出ているかどうかは判断しかねました。

ずっとシリカゲルの砂(*)を使用しています。尿の状態が一目でわかるのでとても便利です。おしっこの部分はとりあえず固まります。掃除は思っていたより簡単ですし、砂の消費もそれ程ではありません。

血尿の出方はどこの部分から出血するかによって、尿への血の混じり方が違うらしいと以前獣医さんに伺ったことがあります。

この画像だけをもってして、生殖器系の病気ではないかどうかは難しいのではないでしょうか?

先程、動物病院の診察を受けて帰ってきました。
あわせて写真も見て、次のような事を言っておられました。

原因は以下の可能性が考えられる
 1.膀胱炎
 2.生殖器の疾患
 3.尿結石
 4.その他

1.膀胱炎
この場合の血尿は、尿と血液がまんべんなく混ざりあう。写真のようなにムラになることは考えられない。

2.生殖器の疾患
子宮頚管が閉じている場合は、血液や膿がたまり子宮が腫れ、食欲も元気もなくなってゆく。しかし、触診でもレントゲンでもその様な腫れは見うけられない。
子宮頚管が開いている場合は、膣に流れ落ちた子宮からの分泌物が尿に流されてこのような尿になる事が多い。その場合、症状が持続する傾向がある。このような場合は、レントゲンや触診で発見出来ない事が多い。
実際の症状は良くなったり悪くなったりしているため、これも当てはまらないような気がする。
なお、ガンや腫瘍は今のところ考えられない。

3.尿結石
尿を排出する際に、結石や結石になり切らない結晶が膀胱などを傷つけて出血させてしまう。その時このような尿になることがある。
結石が十分に大きかったり、量が多い場合は、レントゲン等に影を落とす事がある。石になり切らない結晶状態の場合は、尿のサンプルを取って検査して見ないとわからない。
症状が良くなったり悪くなったりを繰り返す事からも、この病気の可能性が高いと考えている。

何れにせよ、十分な量の尿のサンプルを取り、検査しない事にはわからないという事です。採集出来次第持って来るように言われました。
それから、どのような原因にせよ、抗生物質の投与はしばらく続けます。これ以上の細菌の感染は避けなければならないし(尿結石にも影響する)、効果も出ているからというのがその理由です。

思わぬ長期戦の様相を呈してきました。行き着く所まで付き合う(ハムと病気と先生と)ゆくつもりです。