ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの膀胱炎の闘病日記(1/2)

投稿日時:
投稿者:USER0174

こんにちは。[USER_NAME]@プリマ(☆)、ボンの母です。
おひさしぶりです。
先週は、夏休みでMLをためてしまっていたのですが
一週間の間にいろいろなことがあったんだなぁと感じております。
あやめちゃん、はむ太君ほかたくさんのハムちゃんたちが小さい体で頑張っている話を聞くと感動します。一日も早く元気になって欲しいと思います。

実はうちのボンも頑張っています。“膀胱炎”になってしまったのです。
他のハムちゃんの参考になればと経緯を書かせていただきます。

8/13夜

尿に赤っぽいものが混じる。最近、黒っぽい尿が多いなあと気にしていたが決定的に赤くないので食べ物の関係と思っていたがこの日のは赤かった。
血尿以外に症状はなく、きわめて元気で回し車に散歩をenjoyしてる様子。

8/14朝

かかりつけの動物病院で診察。
レントゲンと尿の細菌検査をする。
レントゲンの結果は、結石は見つからず。
説明の際に結石のあり最近、摘出手術をしたハム(大きさからいってゴールデンハムスターらしい)見せてもらったが結石があると鮮明にレントゲンに写ってました。
尿の成分は細菌と白血球(血が混じっていたため)で膀胱炎と診断。
朝晩の抗生物質を自宅で飲ませるのと朝晩、動物病院に連れていって皮下注射による水分の補給をするとのことでした。
人間もそうですが膀胱炎を治すには一番、たくさんの水分を飲み尿で細菌を出してしまうとのらしいです。
皮下注射するのはふつうの人間にも使われる点滴と同じ成分だそうです。
(点滴自体の袋を見せてもらったら依然、私もしたことがあったけど何かわすれてしまいました)
→8/15,16,17と注射に通う。

8/17
尿の色が透明になったのと量が多くなったので皮下注射はやめて薬だけになる。

現在、元気に遊び回っているのが何よりもうれしいです。
ボンは、家に来たときからすぐ下痢を繰り返す病弱な子だったので下痢には注意していたのですがここ最近、下痢もせずちょっと太ってきて(150gほど)だったので“幸せ顔のボンボン“と呼ばれていた矢先だったのでびっくりしてしまいました。(下痢とかの連続でボンの頬はこけて、体全体もほっそりしていたので頬がボッチャリして
ゴールデンハムスターらしい顔になったので…)

先生の話では、おなかを強く打ったりして膀胱に衝撃があり出血をしたりすることがあるそうです。
転落とかが要因になることが多いらしいのですがボンの場合、最近、落ちたことがないので要因はわからないままなので不安は多いです。転倒とかが要因になるのには驚きました。

あと、もうひとつ心配が…。
一週間ほど前から左足が腫れています。回し車とかで引っかけてしまったらしいのです。
今飲んでいる抗生物質で腫れがひかなければ、足に注射をして中の物質を採取して成分の検査をするとのことでした。明日、その検査があるのですが朝、見たかぎりではあまり変わっていないようです。
あんな小さい足に注射をするなんて自分でも怖いなぁと思うのですがうちのボンちゃんは、何も言わないけど毎日の注射共々、よく我慢して頑張っていると思います。

他の頑張っているハムちゃんたちの分も、はむはむ…。元気になっておくれ。