ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの子宮蓄膿症・膀胱炎・陰部からの出血・膿(2/14)

投稿日時:
投稿者:USER0047

こんばんは、[USER0047]@岩国です。

お腹に腫瘍が出来てしまったうちのジジちゃんのその後を少し。

我が家でもキャンベルハムスターのナミちゃんが先月卵巣膿腫の手術をしました。
子宮口からの出血があったので、3月頃から通院していたのですが、6月に入った頃から出血の量が増えたので、レントゲンやエコーの結果子宮に黒い影が見られるとの事でした。

子宮蓄膿症」「卵巣癌」などいろいろな病名が頭を駆け巡りましたが、手術してみないとわからないとのことでした。

危険を承知で手術をするか、定期的に通院して投薬を続けるか。
「決めるのは飼い主だよ」と先生に言われました。
そんなわけで、後者に決めました。

とても悩みました。
2月に卵巣癌の手術をしたハムが2週間後に逝ってしまったばかりだったので...。

でも、乳腺癌で2度の手術を受けた子もいました。
腫瘍を見つけたときにはかなり大きくなっていたので、全部は取りきれなくて、最初の手術から3ヶ月後にもう一度手術を受け、その後も5ヶ月も頑張ってくれました。

なみちゃんは結局手術を受けることにしました。
約30分の手術の後に摘出した卵巣と子宮を見せていただいたら両方の卵巣が小豆程に腫れていて、右側の卵巣から出血していました。
病名は「卵巣膿腫」。
体の外に出来た腫瘍は見つけやすいけど、体の中に出来た腫瘍は発見が遅れるから怖いそうです。
#子宮・卵巣を摘出した子は太りやすくなるので、その辺りの管理は気を付けて下さいと言われました〜。

1ヶ月経って傷跡もほとんど分からなくなって、食欲も回し車も全開状態です。体重もほぼ手術前にもどりました。
でも、こちらの暑さを考えるとまだまだ気が抜けません。

今の所痛がる様子もないので、ジジに無理な負担はかけたくないので。
悪性でない事を祈って、腫瘍と上手く付き合って行こうと思います。

そうですね、一番大切なのはハムちゃんに無理な負担をかけないということだと思います。
うちでは通院に車で片道1時間かかる上に、日陰のほとんどない海岸沿いを走らなければならないので、そのリスクと手術のリスクを考えるとあまり変わらないようです。

ゆかさんもジジちゃんも大変かと思いますが、どうか希望を持
って毎日を楽しく暮らすことを考えて下さいね。
どうかジジちゃんの腫瘍が良性のものでありますように。