ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターのウェットテイル(増殖性回腸炎)・脱腸・腸重積(7/23)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

ただいま@[USER_NAME]です(^-^) 今学校から帰ってきたとこ。
とりあえず、気になっていたメールの方(脱腸)大丈夫みたいでよかった*2。

しかし、この勘違いのおかげで、寄生虫が見つかった訳ですから、良しとしてください。
で、寄生虫、顕微鏡で見てきました。
木の葉の形の原虫がひらひら脳天気に動いておりました。
この原虫のせいでトロがこんな目にあっていると思うと、少し腹立たしかったですが、ひらひらホントに脳天気に・・・。

原虫についての資料が手元にありますので、参考までに。
(ただし、資料は1996年2月のものです)
もし、もうこんな資料いままでにまわっていたらごめんなさい(^_^;
ちょい難しいはなしになるので、ささっと読み飛ばして、後のまとめだけでも見てね。

ハムスターの糞便検査では、原虫が検出されることが多く、見いだせれる種類も1種類どころか、数種類に及ぶケースも少なくないはずである。
しかし、成書などでとりあげられているハムスターの疾患を見ても原虫の記述はほとんどなく、その種類を知ることも出来ないのが現状といえるだろう。
これら原虫のほとんどは一般に非病原性として知られているものではあるが、実際には臨床の立場からそれらの病原性を再検討するべきものもあると考える。
......
これらのうち、明らかに病原性が確認されているものは小腸に寄生する六毛虫類で、特に幼獣には鼓腸や急性の下痢を、成獣では慢性の下痢を引き起こす原因となる。
....
一方その他の原虫類に関しては、実験動物や寄生虫の領域では非病原性とされており、実際正常と思われる糞便を鏡検しても数種類の原虫類が見いだされることもまれではない。
.....

ここまで。

さてと、再検討って、その後がいったい現在ではどう考えられているのかが気になります。

ちなみに、簡単にまとめると...、
結局、原虫は正常でもハムにはけっこういるぞ、っと。
でも、下痢をおこす原因ともなることもあり、
で、他にも他の寄生虫などで、下痢をおこすことも多く、
だけど、どっちかっていうとそれは日和見感染、つまり、ハムの体調のよいときにはぜんぜん平気だけど、もしハムの体調が悪かったり、ストレスがかかったりすると、ぜんぜん病原性のないものも病原を持って発病しちゃうぞ!ってことですぅ。ね!??
これで、みなさん理解OK ???

ハムスターの直接の死因は「餓死」何だそうです。
いろんな病気で結局最後は餓死してしまう・・・。
栄養が取り入れられなくなるのだそうです。
家のトロも餓死寸前です。

そうかぁ、結局体力勝負なんですねぇ...(^_^;

トロは、点滴の注射と、駆虫薬を一滴飲んできました。
これから、様子を見て、蜂蜜をあげようかと思っています。

栄養をたくさんとらしてあげましょうね。

はっきり言って、これほど弱っていくのが早いとは思いもよりませんでした。

やはり、ちっちゃいですからねぇ...、
でもでも、望みをすてずに地道にゆっくり頑張りましょう!!
下痢なんてものは、悪くなるのは早いのに、治るのはとってもゆっくりですから...
でも、じっくり少しずつ治っていって、治るときは一気に元気になるのでしょうね!?

>#腹膜炎のお話とか聞いて来ちゃったからな・・・。

よければ、この話きかせていただきたいですぅ...、はいいぃ!!!

長くてすみませんでした。