ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ウェットテイル(うぇっとている)・増殖性回腸炎(ぞうしょくせいかいちょうえん)・伝染性回腸過形成炎(でんせんせいかいちょうかけいせいえん)

症状

おしり周辺がぬれている。ウンチが水っぽく、形がくずれている。急性の下痢。強烈に臭いウンチ。

原因

環境変化のストレス。母ハムと放すのが早すぎた。栄養失調。過密飼育。

治療

効果的な治療法はなく、二次感染を抑えるために抗生剤、ビタミン剤の投与します。保温。

予防

原因になることをしない、させない。

コラム

原因に心当たりが無い限り、ウェットテイルと普通の下痢の区別はつきません。1〜3日中に死んでしまう場合があるので、急いで病院に連れていきましょう。
一番の原因はキャンピロバクター(カンピロバクター)という細菌だといわれています。他には、クロストジウム・大腸菌等の細菌が原因になります。
どんな状況で飼っていたとしても、普段は無臭に近いハムスターのウンチが、すごく臭くなるので絶対に気づきます。ゴールデンハムスターや長毛種はウェットテイルが発病する確率が高く、同じケージで何匹も飼っていると、元気なハムスターが、発病したハムスターを殺してしまう可能性があります。たとえ発病したハムスターが死んでしまっても、細菌がケージに残っている場合には次々に発病し、全滅する可能性もあるので、ゴールデンハムスターの多頭飼育は絶対にしないようにしましょう。
普通の下痢もウェットテイルと言うこともありますが、増殖性回腸炎と分けています。

関連ページ

以下の記事が関係しそうです。