ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの餌のこと(過去のまとめ)

投稿日時:
投稿者:USER0407

[USER0407]です

餌関連の過去記事を紹介しますね。
過去記事には、すごく貴重な情報もありますから暇なときに調べてみるといいですよ。
#ただしゴミのような記事もやまのようにあるので
#その中から必要な記事をさがしだすのにはそうとうな覚悟が必要ですが。
#でも関連記事も含めて読み切ればきっと役にたつことでしょう。
#16000もの過去記事をよみきればあなたもきっとハムML通?
ここから**************************************************************

[Hamster:8156] [FAQ] feeding [USER0407]さんの記事で

<質問>------------------------------------
ハムスターに必要な栄養はどれだけ?
ハムスターにどれだけ肉・野菜をあげていいの?
ハムスターにビタミン剤をあげると元気になるの?

<回答>------------------------------------

1 これまでの研究でわかっていること

ゴールデンハムスターを固形飼料のみを充分に与えて飼育した場合,蛋白質量は重量比でだいたい15%前後,粗脂肪4-5%程度が最も死亡率が低くなります.繁殖させる際は若干蛋白質が多く必要なようです.

低蛋白食(例えば6%の粗蛋白質)では成長期において成長不良となり,かつ死亡率が非常に高くなり,逆に過剰な高蛋白食では特に歳をとってから体重減少・(疾患等による)寿命の短縮等がおきるようです.

2 ハムスターフードの栄養

ハムスターフード等の固形飼料は,通常粗蛋白質20%以上,粗脂肪4%前後の組成となっているものが多いです.上記の組成の固形飼料を主食とし,野菜・果物を副食として与えると,結果として全体の粗蛋白質・粗脂肪の割合が低くなります.

野菜・果物を非常にたくさん与えている場合は,固形飼料を意識的に多く与えてみるか,「トリのささみ」「煮干し」等で蛋白質を,「ヒマワリの種」等で脂肪を,それぞれ適切な量だけ補給してあげたほうがよいでしょう.

また,気温の変動の大きな環境で飼育している場合,「特に秋から冬にかけて若干高栄養の状態にしたほうが,安全に冬を越せるのではないか」という意見がこのMLで出ています.

3 過剰な栄養補給は無意味です

ハムスターフード等の固形飼料は,栄養の組成に関しては,かなりバランスよく調整されています.通常の飼育では余計なビタミン等の補給等はほとんど無意味か,逆に害がでることもあるので注意が必要です.

[Ham:11655] [Feeding] pellet (long) [USER_NAME]さんの記事において

固形飼料(つまりハムスターフード)に対して,誤解?があるようなので,以下の文章を引用しておきます(newsletterです).

「がん」との絡みでの,回答のようなものにもなります.

JCL NEWS No.4 1992年10月

「実験動物用飼料の歩みと今後の課題」

日本配合飼料?・中央研究所取締役所長 永井康豊氏

GLP以前の飼料
1960年代ラットやマウスの飼料に固型飼料が用いられ始めた頃、これらの動物は実験の途中にガンや肺炎などの病気にかかって、よく死んだ。動物が病気にかかるのは体力の弱まりが原因である。体力が弱まるのは栄養が不足しているからではないか、との反省から、ラットやマウスの栄養要求と固型飼料の栄養組成の研究が各国で進められた。そして、蛋白質源、エネルギ一源や必須脂質の起源としての動植物原料の質や、添加すべきビタミンやミネラルの量や分子の形態についての知識が集積された。他方、栄養だけで動物の疾病が防げるものでないことは明白であり、SPF動物の作出と、バリヤー内での飼育と管理の技術が生み出された。バリヤー内での使用のため、滅菌に耐える飼料が工夫され、ここで実験動物用固型飼料が世に受け入れられるものになった。飼料料の良し悪しは見た目だけでは分からない。しかし、動物の栄養要求が明らかにされている場合には、栄養素組成が分かれぱ、その飼料の性能についてはかなりの予測がつくようになった。飼料の栄養成分の分析値のほか、動物実験で得られる指標が示されると更によいが、その指標としては通常、表1.に示したような項目が用いられている。

以下略(表1も略します)

上の文章ですが,以前にも別の部分を引用したことがあります.
「ニッパイ」といえば,お世話になっているハムも多いことと思います.

ハムスターの飼料に関しては,ゴールデンで繁殖成績をも含めていろいろ研究が行われ,そのデータを元にして配合された飼料がつくられています.よって,名の通ったメーカーの固形飼料を中心とした餌を与えている限り,栄養状態が極端に悪くなるということは考えられません(病気のときは除きます).

固形飼料が完璧な飼料であるわけではありませんが,とりあえず余計な苦労をせずに栄養のバランスを保つことができます.よって,がん,その他の病気で早死にする可能性を低減させることができます.

以上引用ここまで*********************************************
というものです
最近は名の通ったメーカーの固形飼料においてもすこし栄養バランスに疑問を感じるものもあるので、
#単にハムブームだけをねらった嗜好性の高いものなど注意が必要だとおもいます。

ついでにおまけ、ミルワームねた過去記事。
ここから*****************************************************

[Ham:10589] Re: [Food] How to keep meal-worm  
[USER_NAME]さんの記事において

まず、ミルワームを買う容器ですが、ミルワームはお店で売っているときプラスチック製の容器に入っていると思います。しかし、この容器では密閉していないためダニや他の虫が発生してしまいます。
そこでタッパ-のような密閉できる容器で飼育します。この容器のふたの中央に空気穴として直径5cm程度(丸でも四角でも良いです)の穴をあけ、そこに穴より大きめに切ったろ紙を張り付けます(ろ紙が無いようでしたら油を濾す紙、コ-ヒ-のフィルタ-などが利用出来るのではないでしょうか)。このとき、容器のふたとろ紙の境界をボンドやビニ-ルテ-プで密着させ、隙間の無いようにします。これで外からダニなどの侵入を防ぐことが出来ます。新しい容器に虫を移す際は虫の体にダニが付着していないかよく確かめて移してください。
 
       ふたの上側
                 空気穴
       ================= ================ 容器のふた
           ---------------------------- ろ紙    
         ********           ******** テ-プ、ボンドで密

       下側

次に餌ですが、売られているときに入っている茶色い餌はフスマで、米穀店で入手できるそうです。しかし、めんどくさいので小麦粉で十分です(うちの研究室でも小麦粉を使用しています)。小麦粉の方が栄養もあるそうですし、見た目も良いと思います。あと餌に粉ミルクや乾燥酵母(イ-ストやエビオス)を混ぜると発育が良くなるそうですが、ここまでやる人いませんよね。飼育していて糞が半分ぐらいになってきたら、糞を除き餌を補給してやってください。
 
水分の補給はしなくても大丈夫です。逆に[USER_NAME]さんが書かれていたようにミルワームは水に弱く、水に触れると動かなくなってしまいます。また湿度が高いと餌にカビが生えてしまいます。
乾燥しすぎると共食いが増えるとも言われるのですが、家庭で飼う場合極端に乾燥することはないので大丈夫と思います。
 
蛹になったら取り除いて別の飼育容器に入れてやってくだい。そのまま置いて置くと幼虫に食べられてしまいます。成虫を集めて飼っておくと卵を産んでミルワ-ムが増えるはずです。

よくミルワームを冷蔵庫に入れてください、と言われますがこれは低温下で虫の発育を遅らせ幼虫の期間を長くするためです。

ミルワーム自体は丈夫で餌さえあれば余り世話をしなくても平気ですが、そこに発生するダニが問題になります。先日のダニについてのメ-ルでコナダニはうっとうしいだけ、と書いたのですがちゃんと調べてみると野菜や観葉植物に被害を与えるそうです。
ハムスターで喘息になったか他の話が最近多いですが、もしかするとハムスターの小屋に湧いたダニのせいかも知れません。

以上*********************************************************************

ハムMLでは、発足半年弱から1年半くらいまでの記事にはこのような貴重な情報が満載です。この辺りの過去記事を中心に読むとすごく役にたちますよ。
たいがいのハムを飼い始めたときの疑問は、このあたりで、アカデミックな回答で結論がでています。