皮膚型リンパ腫(ひふがたりんぱしゅ)

症状

  • 頸部(くび)などのあっちこっちのリンパ節がはれる。
  • 発熱。
  • 体重減少。
  • 身体のだるさ。
  • かゆみ。
  • さわると痛がる。

原因

  • 遺伝。

治療

  • 患部を切除する。

予防

  • NO DATA。

コラム

ゴールデンハムスターがなりやすい。
白血球の中のリンパ球が、ガン化した悪性の腫瘍です。
リンパ球は、血液や骨髄の中にあり、細菌やウイルスなどと戦っています。
リンパ腫は骨髄ではなく、リンパ組織がガン化してしまう病気で、リンパ球性白血病とは、ちがう病気です。

私の飼っているゴールデンハムスターにも、よくできてしまうのがリンパ腫です。首のあたりにできるので、ほお袋に入れてあるエサと勘違いしやすいですが、しっかり飼えていると、ほお袋にエサを溜めっぱなしにすることはないので、何か入っているようならリンパ腫を疑いましょう。
ハムスターは皮膚に余裕があり、ほお袋の周りはさらに余裕があるので、手術しやすく、術後の痛みも少ない場所です。早めに腫瘍を取り除けば、助かったり、苦痛を和らげることができるので、手術ができる病院へ行くことをお薦めします。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。

この病気の関連ページ