保温・冷却用品

野生のハムスターは、地中に巣穴を掘って過ごすため、年中ほとんど同じような気温の中で過ごしています。
また、夜行性の小動物のため、暑さにはかなり弱いです。

毎年、正月休み明けになると「凍死や冬眠」、お盆休み開けになると「熱中症」などのキーワードから訪問する人が増えます。
実際には、かなりの数のハムスターが暑さ寒さで亡くなっていると思います。
人間でも危ないこともあるのに、ハムスターが平気な訳がないので、エアコンをつけっぱなしの環境で飼育していても、何らかの保温器具や、冷却器具を使って飼育しましょう。

パネルヒーター

巣箱の下から暖められるため、ハムスターの生態にもあった保温器具です。
ヒーターが原因で亡くなることもあり、長持ちする飼育用品なので、しっかりしたヒーターを選びましょう。

保温電球(ひよこ電球)

ケージ全体を温度勾配を作りながら暖められるため、病気になったときはパネルヒーターより効果的です。
部屋が寒すぎて、巣箱から出てこないことも防げます。

保温電球用ソケット

保温電球をケージに取り付けるための、クリップ付きのソケットです。
簡単に壊れるような製品ではないので、無駄にならないように選びましょう。

爬虫類サーモ・空中サーモスタット

設定温度になるとヒーターのスイッチを自動的にオンオフして、温度を適温に保つための装置で、ヒーターを使うなら必須です。

ストーンベッド

ハムスターにとって安全な冷却用品で、安全だからこそ工夫すればいろいろ使えます。

温度計・湿度計

ハムスターの飼育では、巣箱を適温にする必要があるので、少し特殊な温度計が必要になります。
ヒーターの温度が足りていない、エサが実は腐っていたなどのトラブルも防ぎましょう。