ケージ

飼育環境は自分で考えて作る物なので、満足できるケージはありませんが、お金に余裕があるのなら「は虫類用のケージ」で、余裕がないのなら「水槽タイプのケージ」といった選択になると思います。水槽は大きさの割にかなり安いので、うまく買い物をすると、一式飼っても、ハムスター用に売られているスターターセットなどより、安くて、安全で快適な飼育環境を作ることができます。

ハムスターの問題行動や飼育のトラブルは、なわばりに関する物がほとんどで、ハムスターが安全で安心できる飼育環境を作ることで回避できます。そのため、できるだけ大きなケージを選ぶと、ハムスターと長く楽しく過ごせるだけでなく、無駄遣いせずにすみます。

ガラスはプラスチックに比べ、熱や薬品に強いだけでなく、暑いときには体温を下げやすく、寒いときはヒーターの熱を伝えやすいので、温度を下げる方が難しいペットのケージには適しています。また、プラスチック部分は黒の方が、汚れやダニなどを発見しやすく便利です。

ハムスターの飼育用品では、「回し車」が一番背の高い飼育用品なので、そのハムスターに適した回し車が入るサイズを選びましょう。

金網タイプのケージ

オススメできる商品が登録されていません。

水槽タイプのケージ

ドワーフは60cm規格(横60×奥30×高36)、ゴールデンは90cm規格(横90×奥45×高45)を基準に選び、脱走や落下事故対策に、「水槽ケージの網フタ」は合わせて利用しましょう。
水槽は上面からの死角を作れず、スペースを有効に使いにくいので、トラブルが起きにくい「は虫類用」のケージを選びましょう。

水槽ケージの網フタ

水槽タイプのケージには、脱走や落下防止に必要です。

爬虫類用のケージ

温度管理や世話がしやすいため、ハムスターがなつきやすいといったメリットもあり、しっかり飼いたいのなら爬虫類用ケージです。
飼い主からの死角を作りやすいため、同じサイズの水槽より有効にスペースを使えます。

キャリーケージ

掃除の時や、病院、ハムスターを買いに行くとき利用する小型のケージです。