ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの毛球症と食物繊維(2/5)

投稿日時:
投稿者:USER0477

[USER0477]です。

パパイヤ、パイン、キウイが毛球症に効くとして、どの程度の量をどの程度の間隔であげたらいいのでしょうか?
この辺を具体的に知りたいです。

んと、ウサギについてちょいと調べてみました。
ウサギにはパイナップルかパパイヤの絞り汁を与えるそうですが、パパイヤに含まれる酵素は食欲がなくなってしまったら効果が期待があまり期待できないそうです。
パパイヤを使うなら食欲のあるうちにってことらしいです。
パイナップルについては多分2kgぐらいの体重のウサギについての記述と思われるのですが、1日1回10mlもしくは2回に分けて12時間ごとに与えるということを5日間続けるのだそうです。

単純にハムの体重で換算すればいいかどうかはわからないですが、目安にはなるかと思います。
あと、毛球症を防ぐためには日頃から繊維が18%以上含まれる餌を与えるように、との記述もありましたから、ハムもウサ・ペレのように高繊維食を少しずつ摂っていれば予防できるかもしれませんね。
また、日頃から繊維を摂取するように心がけるのは、胃腸の調子を整えるのに良いとも。

ウサギさんの話ではありましたが、ちょっと草食よりの雑食と言われているハムさんにも当てはまるのではないかと思いますし、これまでの経験上からもそう思います。