ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの肝腫瘍

投稿日時:
投稿者:USER0040

先日から入院していたゴールデンハムスターのカッくんが退院しました。
最終的な診断は,「肝腫瘍」。
腹水がたまっていたのではなく,肝臓そのものが腫れているとのこと。
病院でレントゲン写真もみせてもらいましたが,たしかにおなかの中には何か大きなものがあるように見えます。獣医さんのお話では,それが肝臓なのだとか。

肝臓ガンということも考えられるけれど,それは小さなハムスターなので組織をとって検査したり,血液検査までは難しいということです。
それでもレントゲン写真を2枚(横からとお腹の側から)撮って肝臓が悪いということがわかったので,肝臓の働きをよくする薬を処方していただいていたとのことでした。

抗生物質と副腎皮質ホルモン,強肝解毒剤,総合ビタミン剤,利尿剤などの注射をうってもらって,かなりかなり元気を取り戻し,おなかは相変わらず大きいものの,一時ほどパンパンという感じはなくなりました。
当面は家で朝晩肝臓の薬とビタミン剤が混じった飲み薬を飲ませて様子を見ることになりました。

獣医さんからの注意はまず,暖かくしてやること,でした。
入院中は25度もある保温ケースの中にいたカッくんのために,しばらくは我が家も暖かくしなくては。

ただ問題はこの正月をどうするか・・・
私とダンナは彼らには一日だけ留守番をしてもらって,両方の実家めぐりをする予定だったのですが,朝晩飲み薬の必要なカッくんをどうするか。
再度検討が必要かもしれません。

[USER_NAME]さん,ご心配してくださって本当にありがとうございます。
今回病院に駆け込んだのは,カナさんのひとことがあったからこそです。
また経過をときどきご報告したいと思います。