ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの毛球症と食物繊維(1/5)

投稿日時:
投稿者:USER0464

[USER_NAME]@埼玉です

先日、毛玉除去剤の話題がでていましたが
実際に毛玉がお腹に溜まりすぎるとどうなるのか。
ただ今、毛球症で闘病中のしもだが報告します。

まず、ジャンガリアンハムスター nomalで長毛種ではありません。
餌は、ペレットと野菜をあげていました。
食欲がなくなってきたので、かかりつけの動物病院へ。
レントゲンの結果、毛球症と診断されました。

兎なら開腹手術をして毛球を取り出せるけどハムスターでは大変危険な手術になるのでできないといわれました。

一日三回飲み薬と、とにかく大量の水分を身体に入れて腸の中で硬くなっている毛などの塊をふやかしてほぐれやすくしなければならないので注射して皮下補液を5cc毎日やることになったのですが注射を嫌がって暴れまくり、注射ができませんでした。
残る方法は飼い主さんが強制的に野菜ジュースを一日10cc飲ませるように、
1時間おきかあまり量を飲ませられない時は30分おきにスポイドで野菜ジュースを飲ませることでした。

実際一回に飲める量は0.5〜0.8ccほどでしたので2時間に最低3回は飲ませていました。
野菜ジュースもいろいろ買っておいしそうに飲んでくれるものを捜しました。

夜中は明け方の4時すぎまでなんとか起きて、朝は6時に目覚ましをセットして一回起き、8時に起きてそれからまた一日スポイドで野菜ジュースを飲んでもらう日々を11日間やっと回復してきました。
今日は野菜ジュースを飲ませないで餌を自分で食べてもらいました。
最初は餌も食べない、尿も糞も出なかった状態でした。
今は、糞もだいぶ元の大きさに戻ってきたし、自分で餌を食べるようになりましたし、カラカラと回転車を回しています。

たとえ私の睡眠時間が3、4時間になっても小さな身体で一生懸命生きようとしてがんばっている姿を見ていると、私もがんばれました。

キウイも消化酵素が含まれているそうです。
病院の先生が言うには、便の中に毛が混じっているのはちゃんと体外に排出されている証拠なので問題無いそうです。
そうやって出て行かないと、どんどん溜まっていき大変なことになってしまうんですね。
私が最初に動物病院へ連れて行った時は、かなり危ない状態だったそうです。

今まで毛球対策のことなど全然知らなかったので、つくづく毛球対策しとけば良かったとおもいました。