ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの甲状腺・副腎機能障害(2/9)

投稿日時:
投稿者:USER0356

[USER0356]さん、こんばんは。
[HOSPITAL_NAME]@練馬区です。

事前に[USER_NAME]さんと「アカラスくさいよね・・」と話していたので、お医者さんに「アカラスじゃ無いですか?」と聞いたところ「甲状腺の病気です。若い個体に最近多いんですよ。」と言われました。

ウチの場合も甲状腺の異常ではないかと言われました。
あれから、いろいろと調べてみましたが、犬や猫にも最近多いそうです。
内分泌疾患は、特に小さい生き物はなかなか困難な病気のようです。

ダニが原因のアカラスや、カイセンなどは一般的にはかゆみを
伴うので、皮膚をけずって顕微鏡などで検査すれば一発のようですが、逆にアカラスなどが原因で、甲状腺異常などを併発する場合もあるという事でした。
合併症の場合、治療不可能がほとんどだそうです。

甲状腺異常は、免疫力の低下、皮膚の希薄、脱毛、体重増減、下痢、他にも個体によって、また進行状態によって様々な症状を示すので、症状を特定するのは難しいようです。

また、甲状腺を含んだ内分泌疾患は、遺伝によるものもあるのかも知れませんが、何かの理由から、突然免疫が低下してしまい、原因不明の場合がほとんどだ、と言う事です。
小さいハムには、酷、ですよね。

ウチのバド(♂・ゴールデンハムスター) のその後ですが、はげて、カサカサ、ポロポロとフケのように落ちてくる皮膚に、気休めの塗り薬を1週間、皮膚に塗り続けましたが、まったく効果ナシ、でした。
当たり前ですよね、根本的な治療をしていないのですから。

また、以前にも書きましたが、消炎の注射の後は腫れ上がって可哀相でした。今、やっとカサブタがとれそうになってきています。
でも、何故か注射された部分には、しこりが残ったままです。
もう何週間もたっているのに、免疫力が弱くなっているのか、とても直りが遅いんですね。

ウチの場合、バドの様子を見ていると、薬を塗ったり、注射後より何もせず、自然にさせている方が何故か元気です。
なので、もうこのまま、治療はやめにしようと思っています。
これは人には薦めませんが…。

今のバドは、とても健康なウン◯、食欲旺盛、とても見ている限りは元気です。
ただ、ハゲは、当初より少し広がっています。
これからどうなってしまうのかは、かなり不安ですが…。

[USER_NAME]@仙台さんがスキップちゃんの時に同じことを言われて来たようなので、「家もかぁ・・」と思ったのですが、
一週間投薬をした後にまた病院へ連れていくことになりました。

多分、長くかかるのではないかとも思います。
軽ければ良いですね。
少しでも薬や治療が効いて、よくなって欲しいです。

甲状腺の病気ってホントに多いのでしょうか・・・。

以外と多いようですよ、ハムに限らず。
でも、私が調べた狭い範囲では、ハムに関しての甲状腺関係の情報は少ないように感じました。

ハゲの部分がかなり拡がってきたので、ちょっと心配・・。
でも、お医者さんを信じるしかないんですかねぇ・・・。

私も調べながら思いましたが、ハムにとってはかなりシリアスな病気のひとつだと思います。
根本的な治療方法が確立されていれば、いいのですが…。
ただハゲているから、ヒフがカサカサだから、それに対しての治療では多分、なんの改善も見られない事が多いのではないかと思います。

ここには獣医さんもたくさんいらっしゃるようで、ぜひ、内分泌疾患についての治療法や、説明が受けられたら、と思います。
私もこの病気をもっとよく知りたいので、獣医さん、あるいは詳しい方の御意見を聞けたらとてもありがたいです。
よろしくお願いします。