ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ペレットの成分・ネギの成分(7/10)

投稿日時:
投稿者:USER0458

こんばんは。[USER0458]です。

ところでこの雑誌の中に「最近、栄養過多でお腹をこわしてしまうウサギが増加中。アメリカのブリーダーが用いている方法として『粗蛋白が16.0%以下のペレット一握り半、牧草ひとつかみ、野菜少々、欲しがるだけの水』がお勧めの目安」・・・という様に書いてあったのですが、

栄養過多の話はよく分かりませんが、ウサギにおけるウサギ用ペレットの問題点みたいなことは何度か見たり、聞いたりしました。

ちょっと資料が手元になくてうろ覚えなんですが、

・ペレットの材料になっているアルファルファはCaが多く、Caを過剰に摂取することによって疾病を引き起こす可能性がある。
 #他にも何かを多く含むのでよくないと聞いた気がするのですが 失念しました。
  成長過程の子ウサギだったらいいとも聞きました。

・ウサギはもともと固いものはあまり食べない生き物なので口腔内の疾患にかかりやすくなる。 

・炭水化物(カロリー源)が多いので太る。
 Etc...

結論として、ペレットは主食にはせず、副食にとどめた方がよいということだった気がします。 

もしかすると雑食性のハムスターも栄養過多でお腹をこわしてしまう子が出てくるのでは・・・?と、ちょっと考えてしまいました。

ハムスターのペレットに関しては、だめっ!!っていう話は聞いたことがないのですが、やはりこれだけあげてるのはよくないという方もいらっしゃいますね。
まぁそういう考えもありかもなとも思いつつ、ペレット以外でバランスよく餌を与えるのも難しいのでペレットメインであげています(^^;)。
#某動物病院の先生に「ここ1、2年で結石のゴールデンが増えた」と言う話を伺っててから、個人的に新しくでたペレットには手を出さないようにしてます。