ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

情報と飼い方のギャップ(10/12)

投稿日時:
投稿者:USER0452

「かわいい動物」9月号の記事に関する
[USER_NAME]さんのメッセージにコメントを加えたいと思います。

最近の学説では、「運動は体に良くない」と言われています。
運動により発生する活性酸素が、体に良くないからです。

「運動は体に良くない面もある」ということですよね。
適度の運動によって代謝が適度に活性化されるなどのよい面は、以前から言われていますが、最近になって否定されたわけではないですよね。

例えば、我々だってお医者さんのお説に従って、体に良い物ばかり食べているわけではありません。コーヒーはおいしい、塩鮭もおいしい、お酒も大好き。
確かに量を考えなければいかんかなと思いますが、全く無い生活は考えられません。体に良くないと分かっていてもね。

結局はここに落ち着くのでしょうね。健康をとるか楽しみをとるかのバランスですね。

久しぶりに登場したのにこれだけでは寂しいので、皆さんに考えてもらいたい話題を提供します。サブジェクト適当に変えてもらってけっこうです。

皆さんはハムをかわいがっていると思いますが、どの程度ハムのことを考えているのでしょうか? じつは喜んでいるハムを見て自分が喜んでいる割合が意外と高いような気もします。つまりかわいがるのは本当にハムのためなのか、実は自分のためなのかということです。

私個人としては人間のエゴが入るのはしょうがないと思います。
ハムをかわいがる中で生命に対するいろいろな感覚を養えればいいなと思っています。

注:五木寛之が「生きるヒント」のなかで、私たちが人に優しくするのはそのほとんどが自分の気持ちを満たすためだというようなことを書いていました。