ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

悪徳ショップと行政と飼い主(1/10)

投稿日時:
投稿者:USER0031

[USER_NAME]@横浜です。
皆さんこんにちは。

今日、ある団体が主催した動物保護法改正のセミナーに行ってきました。
講師は日本動物福祉協会の[NAME]さんです。

一番参考となったのは今まで問題にされてきた悪徳ベットショップの問題でした。
劣悪な飼育環境管理のペットショップに対して、今まではそのペットショップに直接苦情を言うことぐらいしか個人では対処できませんでしたが、今度の改正でそのようなペットショップには罰金が課せられます。

では、どこにこういうペットショップの問題を訴えたらいいのでしょうか。
動物保護法は今、国では総理府が管轄になっていますが、細かい規定は各地方自治体によって違うそうです。
よって問題のペットショップのある都道府県の衛生課に連絡すると、問題のペットショップにお役人が指導に行くそうです。

しかし実際ペットショップにとって、20万円ぐらいの罰金は蚊に刺されたほどにも感じないところが多いのです。
今回の改正ではまだ営業停止までの処分には至らなかったようでそれは残念なことではありますが、すでに5年後の改正見直しは決まっているそうで、それに向けて多くの事例があれば、5年後の見直しのとき、悪どいペットショップにより厳しい法の罰則を期待することができるそうです。

また、地方自治体によってもかなり基準が違ってて、東京都などはかなり厳しくて、あまりひどいペットショップに対しては店名の公表も考えているとか。
とにかく、多くの人の声があればあるほど地方自治体も「なんとかせねば」と活発に動き出すそうで、多くの人の声が不幸は動物を救うことにもなるそうです。

小さな命に対するモラルがこの国ではかなり欠如していて、罰則を加えないと小さな命が守れないというのも恥ずかしいことですよね。
時間がかかるかもしれませんが、みんなの力で少しずつ法も改正されいずれ不幸なハムがいなくなる日がくるといいですねぇ。