ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ペットの医療費(1/2)

投稿日時:
投稿者:USER0423

[USER_NAME]@大阪ですぅ。

ハムスターの治療費の3万円が高いのか安いのか、私には判りません。

医療行為の価格は経済メカニズムで定まるものなのでしょうが、それは「命」に価格を設定する事とは、また別の問題だと思います。

「獣医師」さんの話題がありましたけれど、獣医師さんとはある意味でニンゲンを治療するお医者さんよりも大変だと思います。なぜならば、獣医師さんのケアの対象は

  1:患畜そのもの

  2:疑似「家族」の疾病にオロオロしているニンゲン(飼い主)

の双方だと考えられるからですね。

結局「適正な治療費」とは、飼い主に「お金さえあれば助けられたのに」という悔いを感じさせる範囲であってはならないと思います。

諸個人の収入や金銭感覚には差異がありますから、絶対的な価格に関しては断言できません。が、査定された価格が飼い主を「悩ませる」のであれば、それは上記2:の関係性の成立に問題があったという事であり医療行為としてはちとマズかった、という事だと思います。

みなさんの投稿を読ませて頂いて「飼い主としての出費は覚悟すべき」という意見に心情的には賛成です。しかし、それは際限の無い概念ですから、やはり一定の「歯止め」は必要ですよね。

獣医師さんにお願いしたいのは(大変なお仕事だと思いますが)私たちが求めているのは、動物の治療という専門的な技術と知識だけではなく、「飼い主の納得」という微妙な(だけど当事者には重大な)要素の双方だという事なんです。