ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

情報と飼い方のギャップ(8/12)

投稿日時:
投稿者:USER0447

[USER_NAME]@大阪のほう#日周リズム無茶苦茶、ですぅ。

「かわいい小動物」9月号の32ページに、小動物について獣医さんが書いているのですが。ちょっと?というところがあったので、みなさんにご意見を聞いてみたいのですが・・・。

個人的な意見ですが、ハムスターの飼育って事は、それぞれのハム君が健康に天寿を全う出来る環境を作るという事ですよね。

「本来のハムスターが適応してきた生息環境の再現」という点に基本があるのでは、と思っています。

しかし、現実問題として中東の砂漠とか中央アジアの荒野などを各家庭で再現する事は不可能なので、私はやむをえず「人工物」を代用している訳です。

巣箱や回し車は、あくまで「地中トンネル」や「広い縄張り」の代用品だと考えています。

「かわいい小動物」の記述を読んでいないのですが、一つの見識としての主張である事は確かだと思います。

「回し車・階段・トイレ・エサ入れ・小屋」はケガの原因であって・・・

しかし私は「飼育設備」の中で「ただ健康で生きている」だけのハムスターを見たいとは思いません。

回し車の中を疾走し「随分遠くまで来たな」と周辺を警戒したり、収集した材料で巣箱の中にベッドを構築したり、ミルワームに狂喜したり、トイレの床に実現不可能なトンネルを穿とうとする、そんなハムスターが好きです。

「ケガの原因」としてのリスクを引き受けるのは、それぞれの飼い主の問題だと考えています。