ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの腫瘍と遺伝(2/4)

投稿日時:
投稿者:USER0119

[USER0119]です。こんにちは。

レス、ありがとうです。

ちょっと考えてみたのですが。
1.近親交配をしない
 悪い遺伝子を持ってる場合、それが発現する可能性が高くなると
 思います。
  因みに 実験動物は20代以上兄妹交配させたものです。
2.腫瘍が出来たはむはなるべくなら繁殖させない。
 うーん。これはちょっと可哀想かもしれないのですが・・・。

実は私も同じような事は考えたんです。でも、実際問題として可能かどうかですよね。例えば、ペットショップにハムスターを卸しているブリーダーの所で近親交配がバンバン行われているようなら、その地域内のペットショップで手に入るハムスターはほとんどが血縁にあるわけですよね。んで、それを避けるには大阪のショップのハムと東京のショップのハムを掛け合わせると...。

今の実験動物が20代の交配で出来たものなら逆の交配を20代繰り返せば元に戻るのでしょうか?

腫瘍が出来たハムは繁殖させないってのは正当な手段だとは思います。ただ、うちの太郎みたいに繁殖期が終わってから腫瘍の出来る子は繁殖を避けようがないんです。生まれた子のうち何割かは腫瘍の出来る子になっちゃってるでしょうね。となると、繁殖をさせながらその個体の親に腫瘍が出来たか出来なかったかを記録に取りながら、腫瘍の出来易い個体と出来にくい個体を分けていくしかないのでは...と思うのです。

#きっと膨大な時間を使って莫大な数のハムスターを相手にデータを整理していかなくちゃ出来ないような気がしますです。(;_;)
#でも、出来るものなら...。