ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

子供と治療費


名前
プチハム
表題:

子供と治療費


投稿日時:

このフォーラムを最初から最後まで二日かけて読みました。
私はまだまだ子供です。
小さい頃(1 2年のころ)ひどい育て方をしていました。
今ではそんな事もしていませんが…
私の友達の育て方が、私の小さい頃の育て方と言ってもいいほどひどいです。その子の母親も。
私が育てているという理由からハムスターを育て始め、
うるさいからと廊下に出し、この前2ヶ月も経たないうちに死んでしまいました。「1週間ぐらいからあまりご飯を食べなかった、病気かなあと思っていた。」と言っていました。
なぜ病院に行かなかったのでしょう?その理由がわかりません。
私なら行きます。私の持っているお金は、おばあちゃんが今も働いているお金から貰ったお年玉しかありませんが、それでも10万円はあります。
でもそのお金をハムスターに使うという覚悟もあります。
お母さんにこれからお小遣いはいらないから払ってとも言えます。
でもその子のお母さんもその子も、最初から病院に連れていって助けてあげようという気が無かったのです。
ショックでした。紙に包まれたその子のハムスターを見て。とてもじゃないけれど、すごく悲しいという風には見えませんでした。 なぜハムスターを自分という風に考えないのでしょうか?同じ動物なのに…。

長くなってしまいました。 すみません。

わが家のハムスターはブルーサファイアのブルー♂とサファイア♀で、ロボロフスキーが2匹♀♀でロシアとフランです。
名前
ゆき餅
表題:

Re: 子供と治療費


投稿日時:

初めまして私は小学生です。
わたしが小学1年生の頃ユキというなのジャンガリアンハムスター♀(スノーホワイト)をかっていました。
その頃は何も知らず,母と一緒にお世話していました。

そのハムスターは4年生き,老衰で眠りました。
そのときは初めて「死」というものを間近でみて悲しんだ記憶があります。
それからしばらくして二匹のハムスターを拾いました。
動物病院に行ったら♂と♂と診断されました。
しばらく同じ小屋で飼っていたら子供が生まれました。(三匹)
いままでハムスターはお小遣いでたりていました。
でもたりなくなりました。
そこで私はお小遣いサイトを始めました。
月々1万円ほど稼げるのでそれで間に合わせていました。

今は子供は里親に引き渡し一匹のみ飼っています。
でもまだお小遣いサイトをやっています。
これから病気したときなどに必要だからです。

「所詮小学生」という考えは捨てて頂きたいです。
「小学生」なりに考えています。


参考になれば嬉しいです