肺水腫(はいすいしゅ)・腹水症(ふくすいしょう)

症状

  • 呼吸困難。
  • 歯ぐきが白い。
  • お腹が膨らむ。
  • 食欲不振。

原因

  • 心筋症という心臓が肥大する病気により、肺水腫を併発させる。

治療

  • 酸素吸入、強心剤などの投与。
  • 利尿剤を投与し、肺の中の水を減らす。

予防

  • NO DATA。

アドバイス

体液が肺に溜まると肺水腫、お腹に溜まると腹水症です。

どちらも病気ではなく、病気の症状です。
息が苦しそうなので病院へ行ったら、肺に水が溜まっていた。調べてみると心臓に病気があった。
お腹が膨らんでいるので病院へ行ったら、お腹に水が溜まっていた。調べてみると腎臓に病気があった。
といった感じ、症状が酷くなってから気づく飼い主が多いです。
基本的に体液が循環せず溜まっているだけなので、原因になっている病気を見つけて治療することが最優先です。
対症療法として注射器を使って体液を抜いたり、利尿剤で減らすことはあります。

肺水腫になると、肺に水分が溜まるため、呼吸に問題が出ます。
息が苦しそうになり、普段は聞こえない呼吸音や鳴き声が聞こえることがあります。
横になると苦しいのか、寝言のような音が聞こえることがあります。
酸素も不足してくるため、つらそうにしたり、チアノーゼ(皮膚の色が紫になる)になるなど、発見が遅れるとすぐに亡くなることもあります。
心臓の病気肺炎など、循環器に問題があることが多いです。
心臓や肺の病気は治療が難しいため、獣医師としっかり相談しましょう。

腹水症は、腹膜炎、肝臓病、心臓病、腎臓病の他に、卵巣や子宮、栄養失調、内出血、がんなど、原因になる病気が多いです。
腹水が内臓を圧迫するので、食欲が減少し、呼吸もしづらくなります。
腹水の成分を調べると、病気を特定できることがあります。
お腹が冷えて他の病気にもなりやすくなるため、保温に特に注意しましょう。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。