細菌性呼吸器感染症(さいきんせいこきゅうきかんせんしょう)・肺炎(はいえん)

症状

  • くしゃみ。
  • 鼻水。
  • 目ヤニ。
  • 発熱。
  • せき、異常な呼吸音。
  • 食欲低下。
  • ぐったりする。
  • 目がショボショボ。

原因

  • インフルエンザなどのウイルス。
  • パスツレラ、レンサ球菌などの細菌。

治療

  • 抗生剤、炎症剤の投与。
  • 呼吸が苦しいのなら酸素吸入。

予防

  • ケージに急激な温度変化させない。
  • 手を洗ってからハムスターにさわる。
  • 飼い主が風邪をひかない。

アドバイス

肺炎とは細菌やウイルスが肺の中で増え、炎症が起こした状態です。

出てきた鼻水をこするので鼻の下がただれることもあり、重症になると体力が落ちるので、無気力に寝ているだけのようになります。
呼吸が苦しそうになっていると、肺水腫になっていたり、かなり進行していることもあり、その日に死んでしまうこともあります。
重傷になると人間でも完治は難しいですが、早期なら治せる病気なので、飼い主も治療に積極的に参加しましょう。
炎症を起こすとレントゲンに写るため、レントゲンで見つけることができます。

衛生的な生活を送っている人間でも、体が弱ると肺炎を発病しやすくなります。
常在菌の連鎖球菌も原因になるため、清潔な飼育環境を保ちましょう。
風邪のウイルスや、合併症が原因になることもあります。

パスツレラは健康なハムスターでも持っている事がありますが、イヌやネコに比べて保有数は少ないと思います。
ハムスターにストレスがあったときに、発病することがあります。

病気の写真募集中です。

症状が分かるハムスターの写真や病気の事例を募集中です!
たった1枚の写真で、同じ苦しみから他のハムスターを守れるかもしれません。
相談がある場合は「フォーラム > 病気のこと」に投稿してください。
写真を提供したい場合は「お問い合わせ」から管理者に連絡してください。
フォーラムへの投稿は会員登録(無料)が必要です。お問い合わせでは相談はしていません。