ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの心肥大と合併症(5/5)

投稿日時:
投稿者:ETC_USER

初めまして、[USER_NAME]さん。
私も昨年の春に2歳3ヶ月の子を心肥大と診断された事があります。
その時、獣医さんに言われた事を全く参考にならないかもしれませんが、書き込みます。
 Re: [Ham:00296] [Disease] 心肥大についてのレスです。

質問事項:
1.そもそも心肥大というのはどういう病気でしょうか?

心臓が大きくなる病気です。
皆様が既に書かれていらっしゃるように心臓の機能が落ちて、血液循環が行かなくなる事に加え、気道(空気の通り道)を圧迫し、呼吸が上手く行えなくなります。
ですから、ハムスターは体を使って大きく呼吸をし、唇などが青っぽくなってしまいます。

2.「ゴールデンハムスターの8割は歳をとると心肥大になる」と説明されました。これは本当なのでしょうか?

8割あるかは知りませんが、結構出るように感じます。
人間の3大死因でもありますからね(-_-;)

3.「原因不明だが、心肥大で症状の出る子と出ない子がいる」とのことだったのですが、症状の出る出ない、について何らかの仮説などないのでしょうか?

詳細は分からないので、書き込むのに悩んだのですが、「温かくなってくると症状が出る子が多い」と獣医さんがおっしゃっていました。

5.20日の夜とはうって変わって、本ハムはこちらが心配になるぐらい出せ出せコールをしてきます。出してやってハムスターボールに入れてやったりしてもよいものなのでしょうか? 心肥大の子に対して気をつけなればいけないことなどありますか?

正直申しまして、長くは生きられないのではないかと存じます・・・(;___;)
心肥大にとって一番の敵は「ストレス」です。
好きなものを食べさせてあげて、心地よい環境で過ごさせてあげるのがきっと一番だと思います。
余りおねだりするのなら、短い時間であればお散歩を出してあげるのも良いと私は考え、数分歩かせてあげました。

息が苦しいので、そんなに長くは歩けませんでしたけれども、散歩が習慣化しておりましたので楽しそうでしたよ。
「薬も無理にあげなくていいですよ」
とさえ言われておりましたので、彼の好きに巣を作らせ、好きなものばかり食べさせ、穏やか第一の生活をこころがけました。
我が家では、呼吸が苦しくなり始めてから、1ヶ月程で天国へ旅立ちました。

看病大変だとは思いますが、
頑張って下さいませm(._.)m