ハムスターの総合サイト「ハムエッグ」

ハムスターの輸出・輸入(5/15)

投稿日時:
投稿者:USER0174

はじめまして、[USER0174]といいます。
どうやってタイトルをつけていいかわからないのですが、とりあえず海外へと言う事で、輸出輸入としました。

実は私は日本に来ている台湾人の留学生です。
一人暮らしの寂しさと色々な生活のプレッシャーから、去年の11月にオスのジャンガリアン(名:もち)を飼い始めました。
もちのお陰で、自分は色々救われたと思います。

そして、今年の4月から帰国する事となり、もちろんもちも連れて帰るつもりで、検疫について調べたら、ショックな事にハムスター類は学術機関が研究目的でない限り、輸入は一切認めないと、今になってわかりました。
じゃ、街のペット屋さんで売っているハムスターはなんなんだと代わりに聞いてくれていた友人が突っ込んだら、その対応は無言でした。

飼い初めにきちんと調べなかったと言われればそうかもしれませんが、私はネットで情報を調べた所、台湾側の検疫局に曖昧に「他のペット類は検疫局に申請して許可が下りればよい」とありました。
台湾の街のペット屋さんでも売ってるんだし、きっと検疫の手続きが複雑で、費用もかかるだろうと覚悟はしていました。
獣医の健康証明書など、飛行機に乗せる時の別料金など…。
でも、そんなお金で解決する問題ではなかったので、今とてもショックです。

友人がなんとか方法はないかと努力はしていますが、99%は無理だろう、心の準備をするようにと言われ、何も知らずに元気で遊んでる我が家のもちを見ては、涙があふれる日々です。
あと一ヶ月で分かれるんだと思うと悲しくてたまらないです。
引き取り先を探し始めなければならないのですが、やはり分かれると思うと悲しくてたまりません。

何の意義もないことですし、MLの皆さんには役に立たない情報ですが、せめてハム愛好家同士の集まりであるMLだと思い、愚痴ですが、投稿させていただきました。
病気でハムちゃんを亡くすのも辛いものですが、こうやって離れざるを得ない状況になって、とってもとっても悲しいです。
とりあえず、ハムの持込を許可しない国もある事をここで皆さんに情報として提供します。

元気なもちをよそに涙涙の飼い主でした。